FC2ブログ

大企業と社員と乗り換え勧誘

2019-09-11
久しぶりに野村證券にいた時の話をしたいと思います。そもそも4年半しか勤めてないし上に辞めて10年経ってるしで、もうほとんど思い出すこともないし、たまに元同僚と話をすると諸々思い出すという程度ですが、ふとかんぽ生命の乗り換え話を読んでるうちに思い出したことがあります。

野村やかんぽなど大企業になると、従業員が多すぎて役員会議で決めた会社の指針が末端まで届くかどうかっていったら結構厳しいものがあります。『ダークサイドスキル』という本にも書いてありますが、経営者(役員)がたまに支店に顔を出すといっても、当の支店にいる支店長はじめ社員達は当然ながら良い報告しかしません。改善点もまとめて報告はしますが、本当の問題点というのは隠されるものです(出世のため)。だから企業というのは中間管理職にあたる30〜40代の層が鍵を握ると本にも書いてあります。

野村の私がいた当時の支店も社員が100人を超え、十分それだけで一大企業という括りになる規模感でした。野村というのは総務部を除いたら基本皆営業マンで、自分の顧客を持って稼ぐというのが仕事です。数字が人格とも言われるくらい、稼ぐということが目的でした。

といっても誰かがかんぽ生命のようにひどい乗り換えをしていたとかいう話は私は知りません。きっとしてる人もいたんでしょうけど、末端の一営業マンにはそれは見えませんでした。けれどたまに出席するサテライト会議で聞く役員の話と、支店の管理職が話す内容に大きな乖離があることは、末端の社員である私にも十分わかりました。経営の方向性と制度がこうなっているのに、伝言ゲームの結果一番最後に降りてくる言葉が間違ってるのです。経営方針と会社の制度の通りに仕事をして数字を出してもおかしいと言われます。経営陣に向かえばいいのか、顧客に向かってればいいのか、上司にむかってればいいのか、総務部に向かってればいいのか、矛盾だらけの職場でした。

ただそれがダメという話ではなく、会社というのはそういうもんなんだろうな、って今では思えます。広い目で見てる経営陣が決めることと、顧客に会って目の前の問題を解決しないといけない、もしくは数字をあげなければいけない社員、それを監視する総務では見える世界が違うもんだろうと思います。だからそれぞれの役割が必要なんだろうとも思います。

ゴルゴ13も最新刊で言っています。

「俺は俺の舞台を生きているだけだ。おまえと同じにな。」

それぞれの価値観、仕事、生きる目的でそれぞれが生きていけばいいですよね。
tag :

あなたの人生の生き方はどれ?(3つのタイプ)

2019-09-10
今ハワイにいますが、こちらでも色んな人に会いますよね。ハワイアン、メインランド、日本人。欧州とかラテンとかその他アジアとか少ないのが多様性という意味でちょっと残念ですが、そうして新しい人と出会って会話をしていると、3種類の人生の生き方が見られます。


1)反応する
自分で何かを考えず、何が答えか、自分には何が選択肢として残されてるかで、それに反応して生きていく。
ハワイ(一応海外)にいても、日本人に多いですね。

2)楽しいこと、楽なことだけする
やらなきゃいけないこととか、こうした方が仕事でも家族でもあるのに、気づかないふりして楽しいこと、楽なことだけする。
ハワイアンに多いです。日本人でも1)の人から見たらこういう人達キラキラして見えるってので、最近は増えてきてるみたいですね(キラキラ系)。

3)何事も自分の意思で決める
自分には何をできるか、何が足りないか、何をすることが人生の目的なのかを理解して、すべて自分意思で決めていく。
メインランドから来てる白人に多いです(ホームレス除く)。


前回、岐阜に帰った時に24年ぶりに会った中学の担任の先生も当時から言っていました。

「迷ったら厳しい道を選べ」

あれから24年生きてきて、本当にそうだと思います。人生は選択の連続。転職、起業、結婚のような大きな選択以外にも、日々選択していますよね(1の人達はしてないけど)。そして常に

・楽な道
・妥協
・厳しい道


があります。だいたい楽な道がその場では一番楽しいことです。けれどそこからは何も生まれません。その場の欲望満たして終了。楽をする楽しさだけが残り、自分は幸せだって勘違いしていきます。

妥協は理想と現実の間で自分が現時点でできる選択をしてること。現時点ではしょうがなく妥協したけど、将来的にはこうなるぞって意思が残っていればOKです。今の自分に満足せず、何が足りないのか?今どうすることがその目標達成のために近づくか?を考え行動します。

厳しい道は常に楽なことなんてありません。いつも自分を客観的に分析して、身の回りのことも理解しようと心がけ、それぞれの問題に向き合います。それはイライラするからとか、神経質だからというわけではなく、厳しい道を歩んでいるからこそ、物事の問題と本質を理解できるんです。そして問題解決するにはコミュニケーションが不可欠ですから、コミュニケーションを取ることからも逃げません。

・・・って話すと結局最初のハワイにいる3タイプと同じ話ですよね(笑)。最近メンタリストDaiGoの本にハマっていて、彼は上の分類でいう3)の人達をこういう風に分類しています。

やる力:やるべきことができるようになる
やらない力:やってはいけないことをやらないようになる
望む力:目標を立て、計画的に行動できるようになる


この3つの力を有しているのが3)の人達。逆に言うと、1,2)の人達はこれらのうちどれかが足りてないんです。メンタリストDaiGoが書いてるのが、教育の本なんです。そう、子育てをするのに親がそうなっておかなければ、それがそのまま子供に伝染してしまうんです。子供を変えるのは大変ですが、親が変わるのは簡単です(自分がするだけですから)。親が変われないのに、子育てなんて言って子供だけそうさせようとすることなんてできません。子供がいる親御さん、お子さんのために頑張りましょうね。
tag :

マルチタスクのすゝめ

2019-08-25
「マルチタスク」っていう言葉が正しいのかわからないけど、仕事でも人生でも一つのことをずっとやる人達っている。その力はとても大事で要所要所には必ず必要なんだけど、あまりにただやり続けてる人もいるのが気になる。常に大事なのは、そのやっていることがいかに「価値」を出すか?ということ。その価値を最大化するために自分が何をしないといけないのか?って考え出したら、一つのことをずっと没頭してやっているだけじゃ足りないんじゃないかと経験上思う。

で、これは大きな話だけじゃなくて、普段のタスク(仕事とか家事とかのレベル)でも同じことが言えて、その辺りになるともっと一つ一つのタスクの意味ってそれほどでもないはず。むしろさっさとこなして、次もやって、それをどれだけやったかが「結果」になるだけのことってあるよね。そういうものはマルチタスクでできることいくつも同時進行で進めた方が時間が何倍も節約できる。

けれどこのマルチタスク、人によって向き不向きがあるし、キャパもあると思う。僕の場合は各分野ごとに3つくらいが限界で、それ以上やると一つ一つの集中力が切れてくる(きっと孫さんとかイーロンとかは半端なくあるんだろう)。で、このマルチタスクのいいところが、時間を先取りできるということ。すごいせっかちの人っているけど、そういう人はたぶん一つ一つに集中したら結果をすぐに出すことができるタイプの人。でも一人でビジネスとかなんでもやりきれることはこの社会には少ないので、人と関わるとイラッとする。だからマルチタスクを使って、自分はいくつものタスクを同時進行することで、それぞれが皆そのペースについて来る頃にすべてが完成しているようにセッティングする。そうするとやっとこの変化の速い時代の「結果」についていけることになる。

あとはこのマルチタスク能力をどれだけ向上させて、どのくらいタスクを振れる優秀な人材を周りに置けるか(優秀なのはなんでもできるタイプじゃなくて、一つ分野に長けているだけで良い)。人を使いたくないタイプの人だったら、自分一人でどれだけマルチタスクが処理できるかだけが、収入や生産性の向上に重要になるよね。人を使いたくない、更に自分のマルチタスクもないってタイプだと・・・残念。。。

是非「マルチタスク」を意識して生きてみてください。タスク処理能力が高い人生の方が、おもしろい人生になると思います。
tag :

そんな情報知って何に使うの?

2019-08-10
ビジネスでもキャリアでもプライベートでも趣味でも何をするにも情報必要ですよね。TV見ててほしくもない情報が自分の視覚、聴覚、脳みそに入ってくるとか無駄の極みですが、Googleで検索するにも情報が多すぎる時代です。ましてやフェイクニュースとか誹謗中傷とか、人の負の感情から出てくる物質と接していいことは一つもありません。

本やセミナーもそうした情報の一つですが、どの出し手からのどの情報を自分に取り込んでいくかというのは、それができるだけで一つの大きな能力です。ここで大事なのは

自分にとって有益な情報かどうか?

不利益な情報ってたくさんあるんです。上記フェイクニュース、誹謗中傷はその最たるものですが、ただ無駄に選択肢を増やすだけの情報もその方にとっては不利益となってきます。大事なのは

その情報を使って何をするか?
結果何を得られるか?


ですよね。ただひたすらネットサーフィンしたり、SNSで記事シェア見てても、それよりももっと大事なことしろよ、です(笑)。時間の限られた人生、もっとやることあるだろう、です。

また情報を有意義に使うには、情報を処理するための土台が必要になります。教育とかアイデンティティ、自律した考え方、などです。つまり

自分自身をまず理解していること
自分の目的をハッキリとしていること
自分なりの成功法則を身につけていること


です。でないとただ情報に反応して、情報に頼った結果を求めようとします。

子供の教育を考える時に学校セミナーに参加する
キャリアチェンジをする時に、転職コンサルタントに会いに行く
資産運用するので、証券会社や銀行の窓口へ行く
保険の相談をしに保険代理店へ行く

・・・はい、いつも消費の先を探しているだけで、物を売りたいだけの人達に翻弄されることになります。そこにあなたの答えを求めるべきではありません。あなたにとって100%の答えは絶対にあなた以外のところにはないんです。色んな情報、ツール、人とつながって、あなたがそれを活かして自分で答えにたどり着かないといけないんです。

頑張ってください。
tag :

結婚と投資

2019-07-12
最近婚活とかしてる30代女性が日本で多いって聞いてる。結婚というのは宗教や国家、家族が絡むので、それぞれの考えでいいと思うけど、結婚をしたから安心だとか、保証がをもらえるという考えは捨てたほうがいい。そもそも保証なんていうのは人生のどこにも存在しない。死亡保障の保険に加入し、死亡保険金受取人になっておく、これは確実にそのお金を受け取れる保証になるので、結婚だったらよっぽどその方がいい(保険会社の破綻リスク、災害リスク、自殺による減額リスクはある)。

結婚自体に保証なんて付いてこないのに、プロポーズで男が

「君のことを一生面倒見るよ」
「僕といれば安心さ」


とか言ってきたら、その時点で大嘘言える怪しい男だと思ったほうがいい(一生なんて誰にもわからないし、自分が安心かなんて自分でも誰にもわからない)。もしくは何も考えていないアホか(笑)?私がオススメするのは、

「ずっと君と一緒にいたいから結婚しない?」
(結婚しなくてもいたらいいんだけど、わざわざ責任持とうと言うのが偉い)


という男。それには絶対に付き合う時間が必要だけど、そのくらいしないと結婚なんて詐欺に近くなる(お互いそれで合意してるんだから詐欺でもいいんだけど)。

詐欺と言うと、投資でも典型的な詐欺がある。

「元本保証で毎月1%の配当確約(年利12%)」

たまに

「元本保証で毎月3%の配当確約(年利36%)」

なんていうのを平気で言う詐欺師もいれば、それを本気で信じる投資家(じゃないか、素人)もたくさんいる。そもそも元本保証(運用期間中いつ解約しても100%の元本が100%で返ってくる)で配当確約が存在しない。運用するから配当がある。運用する限り、時価は上下しているので、それを元本保証にするって時点でもう嘘ついてる。新しい投資家からの資金流入で配当を補填するか、資金枯渇したらドロン。これをポンジースキームと言う。

で、こういう詐欺商品や結婚の仕方をした人達は決まって、

「そんなつもりじゃなかった」

って言う。けどそもそも投資&結婚する前からそれそういう商品だから。。っていう話。相手を恨まずそんなつもりになった自分を戒めよう。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>