FC2ブログ

優秀な人と働きたい欲

2018-10-25
野村いた時も今もだけど、私には「優秀な人と働きたい欲」がある。優秀な人って大企業にいると一見わかりづらくて、例えば営業マンだったら・・・

1)会社の資産を消費してる人
2)自分の個の力で勝負している人


と2種類の人間がいる。優秀な人は2)で、会社がどうというのはもちろんあるけれど、それを最大限活用して自分の力との最大有効係数を探す。答えは一つではないので、結果はその人しかわからないけど、当然ながら数字がついてくる。けどこういう人達ほど、自分の力だけでなく会社の看板あってこそやれてると公言する(2つの力の最大有効係数を探るってそういうこと)。

一方1)の人達は、残念ながらそれほど優秀ではない。。そして困ったことに1)の人ほど自分で認めたがらない人達が多く、会社の看板を使っていると言いたがらないみたい。これは大企業を転々とする以外道はなく、うちみたいな小さな会社で個の能力が求められる職場に来ても残念ながら浮くし何をしたらいいかわからないらしい。

私は野村にいた時から、(自分が優秀かどうかはともかく)優秀な人達と仕事がしたいと思っていた。その方が自分が勉強になるし、その先を見ることができるからである。優秀ではない人達といても護送船団方式で自分のペースが遅くなる。20代の若い時はそれがリスクと思えて怖くてしょうがなかった。けど野村證券というのは日本一の証券会社であるのは間違いなく、とても優秀な人達がいてとても勉強になることが多かった。それは営業マンという意味でもだし、管理職、総務などそれぞれやはり優秀な人がいて、やはりそうでない人達もいてミックスされていて企業としてうまくバランスが取れていた。余談だけど働くバチの法則では、よく働くハチばかり100匹集めてもそのうち・・・

よく働くハチ:25%
周りにペースを合わせるハチ:50%
堕落するハチ:25%


と分かれていくらしい。採用時点で優秀な人達ばかり採用しているはずの野村證券も自然とこの法則になっていくのだろうか・・・。といいながらウチの会社でもこれが同じことが言えるようになってしまうんだろうけどw、まだ小さい分私が全部目を利かせていられて、同じ方向へ向かっていける(これはこれで大変なんだけどw)。そして今の所優秀な人達しか残っていかない傾向があり、できない人達は辞めていくので、全体数がそれほど増えていかないというw。

ということで優秀な証券マン、保険マン、応募お待ちしてます。11月新オフィスへ拡張し、採用活動本格化させます。

※募集要項はこちら
(採用サイトも新しく作ろうかな)

同じく新規パートナーさんもいつでも募集してます。日本全国(海外もちらほら)の保険マン、FP、税理士、不動産コンサルタントさんを中心に年80名ペースで順調に増えています。

※パートナー募集要項はこちら

tag :

3つのビジネスタイプ(イノベーティブ、タイムマシン、アービトラージ)

2018-10-10
昔からやってる家業ついだだけとかはナシとして、ビジネスをするならいくつかのパターンに分かれている。

1)イノベーティブ
2)タイムマシン
3)アービトラージ


きっと他にもあるんだろうけど、今思いつかないのでこれだけ説明しておくと、1)はシリコンバレーやエストニアにあるように、今までなかったものを創造して価値とサービスを新しく作っていくビジネス。これが一番タフでお金と自脈が必要になるから、IPOやベンチャーキャピタルが必要になる。社会の基盤も必要になるから、残念ながら日本では起こらない。

2)タイムマシンはシリコンバレーなどで他国でイノベーションが起こってしばらくたってから、イノベーションが起こせない自国の人のマインドと規制が追いつくくらいのところでそっくりそのままやる米国のIT革命でamazon、Yahooなどができたものをそのまま日本では楽天、Yahooなどが真似して始めたし、中国ではアリババ、Baiduなどが始めた。

3)最後の中国のアリババなどはちょっとアービトラージにもなってくるんだけど、自国と他国の規制の差や情報量の差を利用して、他国で価値があるものを自国に持ち込んでするビジネスがアービトラージ。うちのビジネスもこれで、規制や言語、金融リテラシーの低さによって、海外では当たり前に使われている金融商品(ヘッジファンド、オルタナティブ、海外保険)を日本人に卸している。貿易もだいたいこれ。

ビジネスしたことない人とか、単に人に使われたくないみたいなどうしようもない人達は、「起業」自体が目標になっていて、何も始められないことが多い。「社長」みたいなタイトルがほしいだけである。そういうのは論外だとして、まともにビジネスをできることは世の中たくさんあって、ビジネスをまともにしている経営者達は、自分がやっているビジネス以外にも色々なビジネスチャンスがあるのが見えているのに、自分の時間はそこまで割けないわ、誰か信頼してある程度でも任せられる人がいないわでそのタイミングを逃してしまうくらい。

そして上の3つのタイプにはそれぞれ向き不向きがあって、思考、方法、周りの環境などが左右してくるから、自分がどこかのタイプだと思ったらそこをひたすら掘っていった方が成功確率が高い。僕なんて見たり話したりして関心が高いのは1)だけれど、3)のタイプである。これはもって生まれたものも環境からの性格もあるからどうしようもない。。

あなたはどのタイプですか?
tag :

K2公式LINE@とオンラインサロン(インスタグラム)始めました。

2018-05-26
時代の流れとともに、顧客のニーズも読者のニーズも変わっていきますよね。私が会社を始めた当初(2009年)はほとんどブログで完結する時代でした。ちょっとmixiがありましたが、匿名でできるサービスは詐欺、誹謗中傷ばかりでひどいものでした。それがTwitter、Facebook、Youtubeと移り変わっていき、今だとLINE、インスタです。

ということで弊社も遅ればせながらK2公式LINE@を開設することにしました(無料)。これによりブログやFBなどよりももっと相互交流的に、一対一で情報提供とコミュニケーションをしていけるようになりました。まだ開設したばかりでこれから徐々に情報配信していく予定ですが、wwwではない分、もう少し突っ込んだ内容を直接皆さんに送れると思います。



友だち追加


そしてたまたま同時期にSHEERにいる友人から限定オンラインサロンのお誘いを受けたので、始めてみることにしました。こちらはインスタグラム。私個人でもインスタグラムをしていますが(ID : hehegui721)、ここは完全に私個人のプライベートなことだけを上げています(投資の話とかほとんどありません)。それとは別に有料(5000円/月)のアカウントを作ってもらいました(ID : kawai_elounge)。ここでは私のゴールド会員と同じ感覚ですが、毎月の動画セミナーを送るのではなく、インスタグラムで

<最新海外ファンド情報>
新規オフショアファンド情報(実名)
(実名)オフショアファンドのパフォーマンス更新
海外ファンド会社視察(実名)
海外投資トラブルシューティング

<最新海外保険情報>
(実名)海外保険の試算表を解読
日本人でも受けてくれる海外保険会社(実名)
海外で年金準備、学資準備、死亡保障
海外保険規制最新情報

<最新海外口座情報>
使い勝手の良い海外口座(実名)
香港、シンガポール、スイス、米国、オフショア口座情報
海外でクレジットカードを持とう
CRS(マイナンバー)対策


を伝えていこうと思います。当然画像入で、全て実名で、私が海外にいて仕入れた最新情報を(たぶん日本では他にどこでも手に入らない)、手元のスマホで外にいてもどこにいても確認することができます。もっと投資が、海外が、海外の金融商品が身近に感じられるようになるのではないかと思います(実際すぐそこにある)。

入会はどうもインスタグラムからのフォローではできないようなので、こちらSHEERさんのHP(オンラインサロン)からお願いします。

※SHEER詳細&入会はこちら
(なおこのインスタグラムは中国語、韓国語に自動通訳されていきます。)
tag :

安心して付き合っていけるのは「将来性のある会社」

2018-01-05
こうして海外のファンド会社、保険会社、銀行と一緒に仕事をしていて、そして日本にいるパートナー達(保険屋さん、証券マン、FP、税理士、不動産コンサルタントなど)とも一緒に仕事をしていて、たまに聞かれるのが、

・どれだけのクライアント数がいるか?
・どれだけの投資額があるか?


などですが、それはそれで一つの目安ですが、本当はビジネスをしていく上で、今後の成長性をはかるのにもっと重要なのは、

・新規顧客が毎年(毎月)どれだけいるか?
・新規マネーが定期的にどのくらい入っているか?


です。今しているビジネスが成功しているかどうか、今後も成功するかどうかは後者にかかっています。だからそのためにどのような戦略を取っていくか?をむしろ質問しないといけません。

安心して付き合っていける会社、信頼して一緒に仕事をしていくパートナーは、こういった「将来性のある会社」だと私は思っています。対して、現状維持を図ろうとしている会社や新しいことを否定して保身に走っている会社は、気づかないうちに自然と衰退していくと思っています。

ですので、我々は一緒に仕事をしていく海外のファンド会社、保険会社、銀行、パートナー達、ひいてはお金の相談をして長期的なお付合いをしてもらう個人投資家、保険契約者達のためにも、しっかりとした集客システムと企業成長に基いて、サービスを提供していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
tag :

新しいK2メンバー(保険アドバイザー)と今後の事業目標

2017-12-07
11月、3ヶ月ぶりに日本へ戻ってきてセミナーやらパートナーとのミーティングやら顧客対応やらしてきましたが、一番の課題だった新しいスタッフのリクルーティングができました。今回、新しく弊社K2に参加してもらえたのは、保険アドバイザー。保険業界10年くらいで、海外投資や海外保険の経験もあり、営業力溢れる方です。弊社ももう創業から8年になり、Webからのお問合せがかなりあり、それに対応していくのがメインビジネスでしたが、今後は対面での個別相談、電話での積極的なご回答に力を入れていくことができます。

同時にパートナーさんの数も順調に増え、東京での海外ファンドや海外保険会社の勉強会なども増え、またそのパートナーのクライアントさんに会う機会も増え、私も弊社スタッフもどんどん忙しくなってきました。けれど確実に人に伝わっているという実感もでき、実際に契約件数も過去最高になっています。これを来年は3倍。5年内に10倍にすることを目標に、事業戦略を立てていこうと思います。

その核となるのは、

・パートナー事業(K2 Partners)
・保険対面コンサルティング事業(K2 Assurance)


です。既存の海外投資を希望されるクライアントにも、変わらず豊富なオフショアファンドと海外口座を提供していきますが、そことの相関性を高めて、上記2事業の拡大を加速度的に行っていきたと思います。

弊社K2メンバーは実に能力が高いと思います。その個々の高い能力をお互い使い合うことで、相乗的に事業拡大していければ十分にできる数値目標だと思っています。私はそこに足りないエッセンスがあれば、また人材確保、商品確保、社内勉強会などを用意して、潤滑に拡大していけるようマネジメントしていきます。

事業が拡大し、パートナーも増え、ケースが増えれば、それだけの人達のために価値を提供できたということになります。海外のファンド、保険の数字が日本のものよりも良いのは明らかですから、それだけの皆さんにもお金を増やす手助けをできたということになります。

クリスマス休暇、年末年始など、気を抜こうと思えばいくらでも抜けますが、弊社はいつでも変わらず高い質の情報とアドバイスを提供していきたいと思います。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>