FC2ブログ

弊社パートナー候補の3パターン 〜フランス・パリから

2020-07-27
最近、ビジネスのことも投資のことも書いてませんがw、今日はビジネスの話。うち(K2)はB2Cで一般の方向けに投資や保険のアドバイス、海外投資、海外保険のサポートをする以外に、B2Bで保険屋さん、FP、不動産コンサルタント、税理士、経営&財務コンサルタント向けに海外の投資&保険商品を提供するパートナービジネスをしています。

※パートナー募集詳細はこちら
※海外事業リスク対策保険を扱うパートナーはこちら


パートナー提携において、

・費用ゼロ
・ノルマゼロ
・情報提供料無料
・パートナー専用サイト自由に使える(ID,PW発行します)
・勉強会、セミナー参加無料


ですから、デメリットはゼロです。それでも最初から話を聞こうともしない人がいるんですw今回もParisでこの話をしたいなって現地のFPさんに声かけたら、

「フランス在住の顧客のみに特化した業務しか行っていないから」

と断れました。我々も既にフランス在住者のクライアントもいますが、そのフランス在住者に良い商品を提供するための提携なんですけど・・・。

ということで、同じようなことがフランスに限らずあります。色々見ているとどうもこの3パターンが考えられそうです。

1)本業がうまくいっているので、これ以上新しいことをする気がない
2)うまくいっているいないに関わらず、とにかく新しいものはシャットアウト。自分が知ってる売れるものだけ売る。
3)もっと良い商品を知る、取り入れることは、今売っている商品の悪いところを知ってしまう、顧客に知られてしまう機会となる


1)ビジネスをする限り、経営者なら常に新しい商品開発/開拓は必要になります。ただ経営者ではなく個人事業であれば、それほど事業リスクのこと考えていないでしょうから、そこが疎かになってしまいがちです。国内であれば、昨年2.14にバレンタインショックというのが起こり、法人の節税保険が全て売れなくなりました。それまでに想定して動いていた人達は、たとえそうなったとしても他にも取り扱う商品ありますから、そんな焦る必要はありません。そうでない人達は・・・駆け込み契約を取った後、「節税」という頭だけしかないので、コインランドリーとか、両替機とか、色々な方へ手を広げたみたいですね(もう保険屋じゃないw)。

2)これは正直どうしようもないです。この場合は、ほぼ確実に現在しているビジネスが今後うまくいくこともないし、新しいチャンスに巡り合うこともありません。自分を変えるしかありません。

3)これは優先順位の問題かもしれないし、本音建前の話かもしれませんが、日本人には極めて多く見受けられます。否定をしているつもりではありませんが、日本の保険マンの多くはこれ。海外の終身保険、養老保険、個人年金保険など、日本の同じような保険商品と比べたら雲泥の差があります。つまり契約者(顧客)にとってはそっちにした方がいいんです。けれど(ライセンスの問題もあるけれど)それを紹介すると自分の本業である国内の保険商品が売れなくなってしまいます(実際にはそんなことないんだけどそう錯覚します)。だったら最初から海外なんてなかったことにして、みんな知ってる、思い込んでいる国内の保険商品の話だけしておこう、ってなるんです。それを業界団体で、国単位しているのが日本ですね。英語ができない、海外の企業は日本と文化が違う、外人にお金の相談なんてできない・・・ということでそういう人達にお金が落ちるようになります。

では何が錯覚かって言うと、「良い商品だから顧客はみんなそっちを選択する」というのが錯覚なんです。良い商品だとちゃんと説明したとしても、明らかな数字の差があったとしても、そう選ぶとか限らないんです。

・なんとなく日本の方が安心
・みんながやってるものをやりたい
・新しいことをやりたくない


って人の方が多いんですw私のこのビジネスをしている感覚だと90%以上はこっちだと思っていいです。ネットでコストが安い保険商品を買えるようになった、乗合代理店で色々保険比較して一番良いものを選べるようになった・・・と言ってもう何年経ってますか?みんなそうして買えるようになりましたか?それでもそうでない方の方が多いはずです。それが海外となったら、尚更抵抗があるものだと思います(自分で自分のビジネス否定してるみたいですがw)。

だから全部が全部自分の物差しで測らなくていいんだと思います。そういう人もいればこういう人もいる。日本に疑問を持っていて、円資産以外を持ちたい、純粋に良いものを良いと判断できる、という稀な人のためにそういう良い海外商品のオプションを持っておけばいいんです。

これ日本に住む日本人を前提に話してますが、先のフランスに住む日本人だったらもっとハードル低くなりますよね。きっと海外でFPとかコンサルとかビジネスされてる方って

「海外にいるメリットを活かして、日本に帰国する前にこういうものをやっておきましょう」

ってセールストークになってるはずです。実際その通りなんです。それでもやらないっていうコンサバ企業マン、奥様方いますが、大きな機会損失をしています。

ただしこのパターンの現地FP、コンサルが陥ってしまっているのが、問題解決をすることとその国にいることのメリットを履き違えてしまっていること。顧客は自分の問題を解決したいのに、なぜかそれがフランスにいることのメリット、フランスで投資することの魅力に話が変わっています。要はフランスが好きか嫌いか、フランスに投資するかしないか・・・。言い方悪いですが、フランスなんてどうだっていいんです。大事なのは自分の人生、家族です。この広い地球で今たまたまフランスにいるだけなんです。フランスに来たらフランスを押し付けられるって、それ日本にいて日本の商品押し付けられてるのと同じですよね。消費者はそういうのにうんざりしてます。

ということで、場所に関わらず最も良い、自分に合った金融商品を選べることを目標にビジネスしています。残念ながら日本語でしかマーケティングしていないので、日本人しか対象になりませんが、日本人の方なら世界中どこにいてもアドバイス、サポートしますし、日本人のプロフェッショナルなら、世界中どこにいても弊社パートナーになっていただけます。パートナー応募お待ちしてます。

※パートナー応募はこちらから(無料)
tag :

K2アドバイザーのブログ指針

2020-05-24
うち(K2)もアドバイザーが増えてきて、ブログも増えてきました。ブログ書いてないメンバーもいますが、今買いてているもので・・・・

※K2 Investment眞原郁哉の海外投資ブログ
※K2 Investment大崎真嗣のライフプラン設計ブログ
※K2 Assurance 保険アドバイザー 松本崇裕の海外積立ブログ
※K2 Assurance 保険代理店、FPのための海外保険ブログ
※K2 Partners佐藤憲司のパートナー事例ブログ


というところです。
で、よく聞かれるのが、

「ブログの内容はどこまで会社が関わっていますか?」

という質問。
実は全く口出ししていないんですw
本人達が得意とするものを書きたいように書いてもらっています。
ただ唯一決めているのが「対象先」。

ブログでもメルマガでも本でも、みんなに対して書くって間違ってるんですね。
みんな同じことなんて当然ありえないし、みんながみんなその人に合うわけでもない。
だからってアドバイザーが読み手に合わせる必要もないんです。
変に合わせようとすると、今度はそうでない人が離れていってしまいます。
だから、それぞれのアドバイザーが思うことを読み手となる人に対して書いていけばそれでいいんです。

その対象というのがそれぞれ・・・

※K2 Investment眞原郁哉の海外投資ブログ:現在証券会社で運用をしている投資家
※K2 Investment大崎真嗣のライフプラン設計ブログ:サラリーマン、主婦、自営業者など、投資初心者
※K2 Assurance 保険アドバイザー 松本崇裕の海外積立ブログ:現在日本の保険に加入している人達
※K2 Assurance 保険代理店、FPのための海外保険ブログ:保険代理店、FP
※K2 Partners佐藤憲司のパートナー事例ブログ:弊社と事業提携を検討しているパートナー候補


となっています。
実際、大手証券会社も保険会社もブログなど勝手に社員にやらせないのは、何を書くのか全くわからないからなんです。
けれどうちがこれをできるのは、入社しているメンバーが皆同じような考えを持って集まっているから。

・国内から海外へ
・(日本含め)世界中から最も良い商品を選ぶ
・その方に最も合った商品を選ぶ
・良いものは良い、悪いものは悪いとハッキリ言う
・ボーダレスにリスク分散
・投資は自己責任
・投資のタイミングはその方次第
・PUSH営業はせず、全てPULL営業


この辺りがもう当たり前に染み付いているんです。
国内の金融機関じゃできませんよねw
どこの規制にも縛られないからできることです。

実はまともな金融マンほどこれをやりたいんですけど、会社のために稼がなければいけなかったり、自分や家族の身銭のために稼いだり、偏ったセールストークを頑なに守るために海外を否定したりって感じで、段々と日本の金融機関に染まってしまったりしてます。
そんな嘘をもうつきたくないからって、辞めてうちのメンバーになったのが今いるメンバー。
本業も続けながら、商品の提供とノウハウだけ欲しいって方は弊社パートナーになられてます。

日本にいたら日本の常識が世界の常識みたいに思ってると思いますが、一歩海外へ出たら日本の常識は世界の非常識です(野村の常識は世間の非常識って言ったりもしたなw)。
海外投資する方も、うちのメンバーになる人も、弊社パートナーになる方も、海外へ行ったことがある方が多いのはそういうことなんでしょうね。
物理的に旅行でもなんでもいいので、海外行っておくと、日本に戻ってきた時に感じるあの悲壮感、、、辛いものがありますよね。
日本の金融機関、辞めてしまえば、本当にどうでもいいことばかり言われてたなって思いますよ(もちろん勉強になることも多くありますが)。
辞めようかな、って思ってたらいつでも気軽にご相談ください。
tag :

「お客様は神様」で損をする消費者(客)

2020-03-24
皆さんも仕事をしたことがあれば、消費者(客)の立場と仕事をする側(営業)の立場両方経験してますよね?戦後のベタな商売の本や高度経済成長期に発展した大企業は「お客様は神様」だとか言ってましたが本当にそうでしょうか?

仕事をしたことがあればわかると思いますが、その会社の商品やサービスについて最も理解しているのは客ではなくその会社の営業マンです。たしかにメーカーのように物を自前で作っては、その商品を買ってもらうことだけをミッションとして動いている営業マンには、お客様は神様になるかもしれません。しかし今の時代、そんな会社は淘汰され、自前で物を作らず、消費者(客)にとって最も良いものを探すようなサービス(Amazon、Uber、Airbnbなど)からしたら、その人にとって何が最も良いかは会社の方が知っているというケースが多くなります。そう、データからAIを使って我々にとって最も良い物を提案してくれるのです。

また提案されるものも検討するけど、そのプラットフォームを使ってその市場にある商品を自由に選べるっていうのがいいですよね。プラットフォームが良ければ、わざわざ楽天で物を買おうとか、日本タクシーを使おうとか、JTBでシェアハウスを探そうとは思いません。欲しい物が見つからない、そもそも選択肢が少ないというストレスを抱えたくないからです。

ただメーカーも圧倒的なものを作るようになると、その製品を欲しいと思うユーザーだけを相手にするだけで良くなります。既に差別化されたものがそこにあることは保証されてるので、ユーザーもその他製品と比較する必要もない安心感のもと購入できます。それがAppleやTeslaですよね。だからApple StoreやTeslaの店舗に行っても、「お客様が神様」だって態度は一切ありませんよね。店員も同じくその製品を愛する一ユーザーなんです。

「お客様は神様」であるべきだって未だに勘違いしているバブルの甘い汁を吸った団塊の世代(もちろんみんなじゃないですよ)は、Apple StoreやTeslaに行くと、態度が悪いと言って怒って帰ってしまうそうです(それぞれのスタッフ談)。いつでもチヤホヤされ、お金を落としてもらうために営業されるのを待っているそうです。で、一向に営業されないでいると、あの会社は仕事をする気がないってなる(笑)。そしてパソコンならWindows搭載PCを買い、外車ならメルセデス、国産車ならレクサスに行く。自分で商品を選べないから営業マンを選びに行くんです。

投資も保険も同じですよね。「お客様は神様」扱いされたい人は証券会社や銀行、保険会社へ行って、どこでも売っている商品を高い手数料を払って営業して販売される(してもらう)。自分で選べる人達は、自分で本を読み、ネットで情報を集め、ネット証券でコスト低く投資をする。そのうち海外の金融商品の方がいいって気づいて、うちに問合せてくる。「お客様は神様」だと思っている人達は、偏見からスタートしてますから、永遠先へ進めません。

それはそれで成り立っているビジネスですから、それぞれがそれぞれのパイを食べればいいという話ですが、皆さんが消費者(客)だったらどっちのパイを食べたいですか?今一度、自分自身の判断基準がどっちになっていたか考え直してみてください。
tag :

弊社K2の顧客群

2020-03-21
今回はちょっと金融マン向けの記事なので、一般の投資家さんは見てもつまらないと思いますw

さて、今積極的に採用活動を行っているので、新しくうちのメンバーになろういう金融マンのために、弊社K2の顧客群をまとめておきたいと思います。

※K2採用活動はこちら

まず顧客群をまとめる前に・・・弊社は海外に籍を置く会社で、全てwebマーケティングのみで集客を行うことで、日本で助言活動をしていません。webマーケティングがどういうものかと言うと

・SEOで投資家が知りたいと思う記事にリーチし、そこから無料相談などを受ける
・メルマガで毎日海外投資&保険の勉強をし、他の方の事例などを読んで実感してもらう
・ご自身にマッチする商品、ポートフォリオ、投資手法などあれば、その方のタイミングで実践してもらう
(・投資後のサポートも解約までずっとしていきます)


金額はそれぞれ投資手法によって

一括投資:USD 10,000(約100万円)〜
積立:月100ドル(約1万円)〜
海外口座:1ドル〜
オフショア資産管理口座:USD 30,000(約300万円)〜


となっているので、ほぼ全ての方ができます。
また

スイスプライベートバンク:USD 500,000(約5500万円)〜

となっているので、ある程度の富裕層の方はこちらを使うこともできます。
ただし開設しても投資先も中身もオフショア資産管理口座と変わりません。

ここまで来て、どんな顧客群が想像できますか?
答えは・・・

・読解力&コミュニケーション力のある投資家
・情報リテラシーが高い知識層
・金融リテラシーが高い(もしくは弊社の情報を読んで高くなった)投資家
・営業マンなど周りに流されることなく、自己決断ができる投資家


ですね。
属性別ランキングにしてみると・・・

1)経営者(金融資産:3000万円〜3億円)
2)開業医(年収:2000万円〜5000万円)
3)自営業者(年収:1000万円〜5000万円)
4)相続などで資産を得た遺族(金融資産:1000万円〜5000万円)
5)勤務医&大企業サラリーマン(年収:1000万円〜3000万円)
6)一般サラリーマン&主婦(年収:100万円〜1000万円)
7)海外赴任者(年収:1000万円〜3000万円)


逆に少ないのが・・・・

・上場企業オーナー(金融資産:10億円〜数百億円)
・地主(資産は主に不動産)


でしょうか。
この辺りはやはり証券会社や税理士、不動産業者が対面でガッチリ営業かけているので、自分からネットで解決策を探そうというのは少ないですね。

これ以外にパートナー向けビジネスをしているので、

・証券マン(IFA)
・保険屋(乗合代理店、一社専属)
・FP
・税理士
・不動産コンサルタント


は自分自身が海外投資&保険を実践し、彼(彼女)らのクライアントさんにその商品を紹介していってくれてます。

※K2 Partners事業内容はこちら

どうですか?
ご自身がK2メンバーになってどんな顧客層にアドバイスをしていくかイメージつきましたか?
ご自身の得意とする分野(投資、保険、ライフプランニング)で、どの顧客層にアドバイスをするのが得意か考えてみてください。
全部が得意というのはありえないので、その場合はまだ今の職場でやれることがあるんだと思います。

ただ逆に我々がまだカバーできていないところがあれば、是非提案してください。
現在の我々の路線とやり方、顧客層にだけアプローチをする必要もありませんよね。
むしろ皆さん独自の経験と得意とする分野から、弊社プラットフォームを使って事業拡大していけるのもとてもいいと思います(実際、元キャリアコンサルタントがそれで成功しています)。

応募お待ちしてます。

※K2採用活動はこちら
tag :

「いい社員さんですね」と言われるのが何より嬉しい

2019-12-18
うちも創立10年がすぎて、人も徐々にですが増えてきました。元々人を増やしていこうとか深く考えず始めた事業ですし、日本の証券会社、保険会社と違って大衆向けサービスでもない上にアウトローなので、時間がかかってしまってますが、縁あって入ってきてくれたメンバー達と楽しく仕事してます。

最近は私も海外に住んでることもあり、また仕事の中心がアドバイザーよりもマネジメント、マーケティング、情報発信、ビジネス拡大、新規事業立ち上げ、新商品発掘などになっているため、クライアントさん、パートナー、オンラインで外から見てもらっている方たちは私ではなく、うちのメンバー達を見てもらっていると思います。

そしてよく言ってもらえるのが・・・

「いい社員さんに恵まれてますね」

という言葉。

「いつもしっかりした対応で感謝してます」
「どうやって人材募集してるの?」


などともメールや対面で言われますね。
私はあまり教育とか研修とかすることないので、しっかりしているとしたら

・元々しっかりした人が入ってくれている
・組織がしっかりしている
・タスク管理がしっかりしている
・会社の存在目的とCREDOがハッキリしている
・私がしっかりしているの後ろから見てくれている


というくらいでしょうか。
ちなみに人材募集は全て外部媒体は使っておらず、皆さんと同じように弊社ブログで書いたものを、SNSで拡散して、応募あったら私が直に面談して採用、というフローを取ってます。
人材獲得コストがかからないというメリットもありますがw、私や会社の方針、文化、考え方に合った方が入ってくれているというのが、しっかりしたメンバーだけになっている理由の1つかもしれませんね。

なので・・・

楽をして稼ごう
間違ってることでもみんなしてるから自分もする
自分を偽ってでも営業優先
巻かれるものに巻かれよう
都合よくキャリアアップのステップにしよう
自分にメリットあったらいいな
今が辛いから逃げ出したいな


という方はいません(世の中にはとても多いと思います)。
応募だけだったらちらほらありますが、私が面接する時点でふるいにかけられるので、そういう人達は今も変わりばえしない金融機関で働いてると思います。

今は応募していないんですけど、一緒にやりたい!と思ってもらえる方はいつでも大歓迎です。
マーケットはブルーオーシャンで、海外の金融商品もきりなくありますから、いくらでもやることはあります。
私もちょいちょい日本に帰っているので、タイミングが合う時にお会いしましょう。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>