SBI証券 401k(確定拠出年金)ご参考ポートフォリオ(元本確保型、安定型、バランス型、積極型) 〜K2 Investment

2016-11-22
最近401k(確定拠出年金)もだいぶ浸透してきたようですね。弊社への問合せが徐々にですが増えています。浸透の背景にあるのは、

・導入企業が増えている
・厚生年金、国民年金制度への不安
・税控除がある


というところですが、その中でもコストの低さと投資先ファンドの多さ(といっても私はずいぶん少ないと思いますが、、、)で最も人気のあるSBI証券のもので、投資先ポートフォリオをいくつかタイプ別に作ってみました。SBIで確定拠出年金をされている方は参考にしてみてください。


<元本確保型>
スルガスーパー定期5年 :100%

<安定型>
野村外国債券インデックスファンド (DC) : 80%
SMT グローバルREITインデックス・オープン :10%
インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型) : 10%

<バランス型>
DIAM外国株式インデックスファンド(DC) : 20%
SMT グローバルREITインデックス・オープン : 20%
インデックスファンド海外新興国株式 : 10%
野村外国債券インデックスファンド (DC) : 20%
インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型) : 20%
ダイワ/RICIコモディティ・ファンド : 10%

<積極型>
DIAM外国株式インデックスファンド(DC) : 20%
SMT グローバルREITインデックス・オープン : 20%
ディープリサーチ・チャイナ・ファンド : 20%
JPMインド株アクティブ・オープン : 20%
フィデリティ・アジア株・ファンド : 10%
ダイワ/RICIコモディティ・ファンド : 10%



なんでもそうですが、リスクに伴って期待リターンが高くなります。上のものほど安全ですが、増えもしない、ということですね。下へ行けば行くほど、リスクが大きくなりますが、短期での相場観が必要になるので、ポートフォリオを組んだ後の見直しも必要になります。後は皆さんがどのようなリスク許容度かによるので、ご自身で選んでみてください。私に相談したい時は、こちらよりお気軽にご連絡ください(無料)。

河合へ直接相談する(無料)

日本国内で一番人気のSBIですが、上に述べたように、それでも投資先が少ないと思います。例えば・・・

・通貨別マネープール
・米国株ファンド
・米国REIT
・ハイイールド債ファンド
・金ファンド
・ヘッジファンド
・その他テーマ型ファンド


がありません。全体を通して言えるのが、なんでも分散投資してあるファンドが多く、パフォーマンスの悪いところに足を引っ張られて、結局リターンが出ないことが予測されます。

・・・なのでずっと言い続けていますが、海外積立投資です。200本のファンドから投資先を選ぶことができ、上記書いたようなものは全部選択できます。スイッチングも無料です。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

皆さんが毎月いくらを401kで積立されているかはわかりませんが、相談を受けていると、数千円という方が多いように思えます(会社の取り決めがそうだったから)。

実は私が野村證券にいた時なんて、月たったの1600円でした(笑)。私自身、制度を勉強不足ですが、たぶん積立最低額だったんじゃないでしょうか(笑)。更にそれを4年半積立てて、積立て合計額がたった9万円程度。退職してもご覧の通り投資先は良くありませんから、自分で払って積立て続けるわけがありません。更に60歳まで引き出せない。かといってそのまま野村證券の401kで運用しておくとコスト高すぎで、どれだけ運用してもリターンを出せない。。。ということで私もSBIへ移管しましたが、結局9万円なので放置です。

私と同じような境遇の方も多いと思いますが、毎月仮に5000円、25年間積立てたとしても、たった150万円にしかなりません。年金生活どころか、車1台買って終わりです。海外積立投資も1万円(100ドル)から積立できますが、本気で将来の年金を考えるなら、ある程度ちゃんとした額を積立てましょう。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

新規オフショアファンドリスト(英国出張より)

2016-04-18
英国(とシンガポール)出張で、いくつか新規のオフショアファンド、仕組債、証券口座をご紹介できるようになったので、こちらにリストアップしておきます。


【オフショアファンド】
・マネージドフューチャーズ戦略ファンド
・マネージドフューチャーズ戦略ファンド(2倍レバレッジ)
・マルチストラテジー戦略ファンド
・英国物流不動産ファンド
・ブリッジファイナンスファンド
・戦略的ミューチュアル・ファンド
・FXファンド
・マネージドフューチャーズ戦略ファンド
・英国介護不動産ファンド

【海外証券口座】
・英国証券口座

【マネージドアカウント】
・金ボラティリティ戦略

【海外仕組債】
・年率7%固定金利(米国インデックス、英国インデックス、欧州インデックス)

※『海外仕組債入門書(マニュアル)』はこちら(無料)


メルマガで既に書いているものはリンクを貼ってあります。今後もメルマガで1つずつお届けしていくので、登録がまだの方は登録しておいてください。

※オフショア投資メルマガ登録はこちら(無料)

今回の出張をまとめたものをセミナーで行おうと思いますが、大阪7月、東京8月を予定しています。今スイスにいて、更に選択肢が増えると思いますが、それもまたセミナー、メルマガに追加していこうと思います。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

グローバル・ストック(愛称:世界樹) 〜野村證券

2015-12-22
本日は久しぶりの野村證券の新ファンド『グローバル・ストック(愛称:世界樹)』をご紹介します。

このファンドの特徴は2つだけ。

1)世界中(グローバル)でビジネスをしている企業へ投資
2)基準価額によって分配金を決める


まず投資先の例。株価が良いからここで選んできてるわけですが(笑)、実際株価も良いと思います。

グローバルストック

これが他の銘柄。

グローバルストック4

世界中で物を売っている企業が対象ですから、日本でしかものを売らない日本企業はなかなか入ってきません。ここでは7%程度。中心はやはり米国、イギリスの企業になります。

グローバルストック3

そのような企業の株価推移がこれ。当然ボラティリティ(上下のブレ)がありますが、投資先を日本企業だけにしている日本の個人投資家にはよっぽどこの方がいいと思います。

グローバルストック2

特徴2)がこれ。分配金は基準価額に応じて出します。ファンドとしてもタコ足をしないという意味で良い姿勢ですね。

グローバルストック5

日本株ばかりに偏っている方、これをポートフォリオの一つに入れておくのも一つでしょう。円安を見越して「為替ヘッジなし」。毎月分配は投資非効率なので、するなら「Bコース」ですね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村

tag :

NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN 〜野村證券

2015-11-18
久しぶりに野村證券の元同僚に会ったら、今野村では投信販売ではなくこちらの『NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN』のようなETNに力を入れているみたいです。

証券会社の収益体制から話を戻しましょう。本来投資信託(ファンド)であれば購入時に購入手数料が3%前後、信託報酬が毎年1.5%程度もらえます。しかしこれがETNだと購入手数料は株の売買手数料(1%もない)と信託報酬の0.85%/年。つまりは証券会社は以前ほど儲からないということです。

※ETNについてはこちら

これでもこうしたETNを販売するようになったのは、おそらく投資信託の成績があまりにも悪く、投資家は手数料ばかりかかるだけで、いい思いをしていないから、ということがあるのでしょう。ちなみにこれが米国となると、投資信託をする人口は既に大幅に減り、今はETF、ETNを中心とした低コスト&インデックス(パッシブ)運用をしています。その背景には、営業マンへの給与支払が預かり残高の数%という風に決まっているため、顧客の資産が増えれば、彼らの給料も増えるということから、だったら余計な費用を支払わず顧客の資産が増えることを目標とするようになった背景があります。こういった環境にはそれこそ金融庁が規制をしない限り、自主努力ではなかなかならないことが予想されますが、野村に限っては自主的に方向性を変えるようにしてきたようです。

※インデックス(パッシブ)運用についてはこちら

さてでは今回の『NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN』を見てみましょう。名前から想像ができるように、このETNの特徴は・・・

1)S&P500(米株インデックス)のうち、過去25年間増配を繰り返している大型優良株だけを対象にしたインデックス
2)米国にあるオリジナルは米ドル建てだけど、これは円建て換算


です。

まずは1)を確認するために、米国に上場しているオリジナルのETFのパフォーマンスを見てみましょう。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN2

文句無しにいいですよね。米株(S&P500)自体上昇しているのに、更に増配株だけを入れてるのですから、当然いいです。
組入上位銘柄はこちら。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN3

こちらがセクター別パイチャート。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN4

そしてこれを2)円換算されてしまうのが今回の野村のETN。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN1

円をどう見るかどうかは皆さんそれぞれあるかもしれませんが、私は円は当然弱くなると思っているので、私だったらこのETNへは投資せず、オリジナルの米国にあるETFに投資をします。ちなみにこれが米国にあるオリジナルの『S&P 500配当貴族指数』。たぶん野村證券でも投資できると思うんだけどな(笑)。けれどETNの信託報酬が入ってこないと、安い株の売買手数料しか収入がないことになるので、たぶん「円が安心だから」とかいう取ってつけた理由でこのETNを勧めてくるんでしょうね。こういうところで証券会社のポジショントークが入ってくるわけですね。。


今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

野村世界バランス投資 〜野村證券

2015-11-02
本日は野村證券の新商品『野村世界バランス投資』を解説します。

このファンドの特徴は以下3つ。

1)世界の株、債券へ投資をする
2)時にただのキャッシュポジションを保有する
3)USD、AUD建てで選ぶ


1)はただのよくあるバランス型ファンドと同じです。

2)はあまりないかもしれないですね。本来投資というのは常に何かで運用しないといけないわけではありません。現にヘッジファンドはリスクフリーであるキャッシュポジションをよく使います。ただ長期的にキャッシュポジションにしていては、信託報酬を支えるだけの金利もないため、どこかでリスク資産へ投資をしないといけません。

野村世界バランス投資3

結果論ですが、これが過去現金にしておかなければいけなかったタイミングです。私が野村證券を辞めて直後のリーマンショックの時もそうでしたね(当時の顧客がその後そうしたかどうかは私はなんともわかりませんが)。

野村世界バランス投資

同様に債券比率引き下げのタイミングというのもこのようにありました。ポイントは決して債券の引き下げタイミング=株の引き上げタイミングにはならないということですね。

野村世界バランス投資2

これも結果論なので、なんでこんなデータを出して勧誘できるのか?ですが、上記キャッシュポジションを理想的にしたとして、このようなリスク=リターンとなります。

野村世界バランス投資4

そしてその理想的結果論に基いて、他の資産のリスク=リターンと比較したのがこれ。

野村世界バランス投資5

3)AUD(豪ドル)とUSD(米ドル)のみで、日本円がないというのは珍しいですね。もう日本円で運用したいニーズが日本人には(特に野村の顧客のような富裕層は)薄いという表れでしょう。

そしてAUDで運用した場合、USDとの短期金利差が為替ヘッジプレミアムとして金利収入となります。

※為替ヘッジプレミアムについてはこちら

野村世界バランス投資6

結局の投資先はただの株と債券。サラリーマンファンドマネージャーでどこまでのリターンが出せるのか?というところですし、株なら米株だけ。債券なら債券で3~5%の金利を自分で取っておいたほうがいいでしょう。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>