森林ファンドとは?

2017-03-20
最近、弊社で最も人気のあるオフショアファンドが森林ファンドです。

※『オフショア投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

森林ファンドは名前からイメージしやすいように、森林の生えている山そのものを購入し、その木が育ったものをリターンとして投資家が受け取るような運用をしています。そうですね、今までの株式や債券などで運用するものではない、代替投資(オルタナティブ)という投資手法です。

※オルタナティブについてはこちら

森林ファンド

新興国(中国やインドなど)が自国の発展に伴い、どんどん世界中の木を伐採し、地球の環境が悪化してきてしまいました。それに伴い、現在世界の31%の森林が保護区となっていて、自由に伐採できないようになっています。その保護区ではちゃんと木を育ててから、育った分を伐採して使おうという風になっています。

森林が最も多いがまずブラジルを中心としたラテンアメリカ。そしてスカンジナビア諸国、バルト三国のような北欧も森林が豊富です。ファンドは世界中の投資家から募った資金をファンドスキームとして組成し、これらの地域の森林へ投資しています。

木が育っていくのを想像してもらえればわかりますが、育って大きくなっていけば、その木を高く売ることができるわけですから、それが投資家にとってのリターンとなります。更に保護区として世界的に守られたマーケットとなってきているため、安定した需要と供給から価格変動も穏やかになっています。

リスクとしては災害(火災など)による損失があげられますが、それは事前に保険に加入することでリスク対策をしています(その保険料はファンドの運用経費として運用から毎月自動的に引かれています)。こうした諸経費を差し引いた上で、ファンドの運用利回りは年10-13%なので、オルタナティブの中でも比較的高いリターンをあげていると言えます。



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

ブリッジファイナンス(ローン)とは?

2016-03-17
今、Londonへ来てオフショアファンド会社や仕組債組成の会社などと会っていますが、世界中の銀行や債券の金利が0(もしくはマイナス)ということもあり、ローリスクで金利を数%取れるものが最もポピュラーです。個人投資家もですが、やはり機関投資家(年金基金、大学基金、ファミリーオフィス)に人気があります。

戦略別で見ると主に・・・

英国学生寮
マイクロファイナンス
トレードファイナンス
・ブリッジファイナンス


が多いですね。他3つについては解説してるので、今日はブリッジファイナンスについて解説したいと思います。

ブリッジファイナンス(ローン)とは、名前のまま「つなぎ融資」です。例えば企業であれば、売掛金があるけれど、実際のキャッシュインまでには時間があるが、契約が取れた段階で在庫を確保しないといけない。その時に必要になる資金をつなぎで借りることをブリッジファイナンス(ローン)といいます。

不動産購入のケースも多いです。ここLondonではオイルマネー、中国マネー、東欧マネーの影響もあり、不動産市況が活況です。いい物件は見つかってもすぐになくなってしまいます。銀行で借り入れなど待っていたら確実に間に合いません。ということで低い貸出金利の銀行ローンの審査の間、3ヶ月間などつなぎで借りる(ブリッジファイナンス)ということもよく使われます。

ブリッジファイナンスのいいところは、

・短期でほぼ確実に数%の金利を受け取れる
・必ず担保もあるので、貸倒れた(これが唯一のリスク)場合は担保を受け取ることができる


です。
こちらのオフショアファンド資料をご希望であれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

河合へ直接相談する


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

コーポレートファイナンスとは?

2015-12-14
コーポレートファイアンスとは、企業に資金を貸し出すこと。これだけ書くと銀行と同じ?ですが、通常銀行では与信や審査に3ヶ月ほどかかります。もちろんそれでも貸してもらえないということもありますよね。晴れている時に傘を貸して、雨が降っている時に傘を貸さないというのが銀行ですからね(笑)。要は銀行は預金者からお金を集めて、それをお金を借りたい企業、個人に貸すことで金利を抜いているだけなので、企業経営についてはそこまで理解していません。つまりはそこまでリスクを取ってお金を貸そうとはしないのです。

ここでコーポレートファイアンスという手段が出てきます。企業は短期的に資金を借りたい、急ぎ資金を借りたい場合に、こうしたリスクを取らない割に時間のかかる銀行に相談してもしょうがありません。そこでちょっと高い金利を払ってでもすぐに資金を調達できる先を求めているのです。これがコーポレートファイアンスです。

金利はコーポレートファイナンスを運営する企業、ファンドによりますし、貸付先企業にもよりますが、10~20%くらいが相場になっています。仮にこれがファンドだとすれば、資金を投資している投資家はこの金利から費用(ファンド運営費)を引かれた分がもらえることになります。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村

tag :

トレードファイナンスとは?

2015-12-14
国際的に貿易をする上で、必ずお金が必要になりますよね。

・生産
・集荷
・仕入
・輸送
・加工
・引取
・販売
・決済


などです。けれどこれらをするのに全部自前の資金ですることは企業にとってリスクが高いですし、資金ショート(倒産)することにもなりかねません。そのため、こういった短期的に貿易におけるつなぎ融資をするのがトレードファイナンスです。

例えば、輸出企業が製品を作って(もしくはどこかから買ってきて)、それを海外の輸入企業へ売ろうとします。買ったものをすぐに輸入企業に売れればいいですが、すぐに売れないかもしれません。逆に売れてもすぐにキャッシュが支払われないかもしれません。そこでこのトレードファイナンスを利用し、その間多少の金利を払っても、もっと積極的に生産したり、もっと大量に仕入れたりすることができるのです。

つまりトレードファイナンスとは、貿易をする際にお金を貸すことで金利収入を得ることができる、ということですね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

資産課税(財産税)とは?

2015-11-23
国の借金が1000兆円を超え、更に年々50兆円ずつ増えています。日本の景気が回復する見込みも全くなく、同時に銀行の金利(政策金利)を上げることもできない中、日本国は破綻に一歩一歩着実に前進していると言われています。

最近皆さんのお手元に届いているマイナンバーはその一手目。皆さん国民の資産を把握し、その「次の一手」に備えていることが予想されます。

※マイナンバー制度についてはこちら

※更に詳しくは先月の弊社主催セミナーをどうぞ(1000円)

「次の一手」候補がこちら。

預金封鎖
デノミネーション


これは過去今の日本と同様の状態に陥った国(また過去の日本)から予測できることですが、もう一つ資産課税という手があります。これは名前のままですが、

金融資産や不動産などの資産に直接課税する

というものです。例えば、3%の資産課税をすると決まれば、銀行預金に1億円あれば300万円。不動産資産として3億円持っていれば900万円を現金で納税しないといけません。

実際にしていることは国民から見れば、今スイスが実際に行っているマイナス金利(銀行に預金をすると、金利を預金者が銀行に支払わなければいけない)と同じです。税金という名前で決めるとイメージが悪いですが、政策金利をマイナスにすることの方がイメージとしてしやすいため、先にマイナス金利があり、その後どうしても税金が必要だからということでこの資産課税がかかってくることが予想されます。

※マイナス金利についてはこちら

日本人の個人金融資産は約1400兆円あるわけですから、この3%が42兆円。毎年課税するわけにはいきませんから、一発限り。つまりこれをしてもその年の財政収支をトントンくらいにできるだけの効果しかありません。なので、正直インパクトとしては、上記した預金封鎖&デノミというコンビが現実的に起こされるのではないかと予想しています。

ちゃんと事前に対策しておいてね(誰にでもできるし、すること自体はリスクないよ)。


今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>