スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

アメフト

2009-06-20
 同僚とアメフト(in 東京ドーム)の観戦に行ってきました!今回は鹿島対オービック。今回は鹿島の選手に、私の同僚の大学(法政大)の時の友人がいるということで、チケットをいただき観戦してきました。

アメフト4

 そもそものルールすらわかっていなかったのですが、新聞記者の同僚に一から教えてもらいました。試合は20対17。追いつけ、追い越されの接戦で、結局鹿島が勝利!鹿島サポーターとして参加した我々にはとてもエキサイティングで、楽しい試合でした!

アメフト2
 
 試合もエキサイティングでしたが、このチアリーダー達がすごい!おそらく総勢80人近いチアリーダー達(両チーム合わせて)のテンションの高さと、盛り上げようには感服しました。アメリカの映画でよく見る光景だったのですが、日本でこんなのが見れるとは思いませんでした。。。

アメフト3

      こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
             ↓ ↓ ↓
            オフショア投資ブログラキング
tag :

シナリオ通りの「医療崩壊」

2009-06-18
 CBNewsというサイトで無料登録をすると、ログイン後に様々な医療介護の情報を見ることができます。これもある開業医のお客様に教えていただいたのですが、今回は『その中のシナリオ通りの「医療崩壊」』(堤晴彦さん:埼玉医科大総合医療センター高度救命救急センター長・教授)をご紹介いたします。
堤さん

 近年、医療の現場で働く人たち(ドクター、看護婦など)は、診療報酬が上がる訳でもないため、給料が上がる見込みもなく、労働基準(残業時間、長期労働の禁止など)などあったものではない環境で、働いているそうです。しかもマスコミ含め、患者からはいわれもない医療ミスで訴訟を起こされる(もちろん中には本当の医療ミスもあるかと思いますが)。そんな状況を厚生労働省は知らないわけでなく、わかった上でそのままに放置されているそうです。
 今後の「シナリオ」はこうです。医療崩壊が起こった病院は破綻なりし、それを民間企業ないし投資ファンドが安く買う。それを民の主導のもと、再生を促す、とのことです。どっかで聞いた話ではありませんか?そうです。先日のブログでも紹介した「ハゲタカ」に出て来たあの時代(1997年以降)の銀行が抱えていた不良債権(ないし銀行そのもの)です。
 これを読んで、華やかに見える医療という現場が、大変な環境で、働いている人たちも、決して良い給与ではないということを認識しました。興味がある方はぜひ一度会員登録(無料)をしてこのコラムを見てください。
 余談になりますが、この堤先生は、救命救急センターを舞台にした映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」で医療監修を務められたそうです。

      こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
             ↓ ↓ ↓
            オフショア投資ブログラキング
tag :

ハゲタカ2

2009-06-14
ハゲタカ2(上) (講談社文庫)ハゲタカ2(上) (講談社文庫)
(2007/03/15)
真山 仁

商品詳細を見る
「ハゲタカ」の1年後から始まる続編です。匿名口座の情報をマスコミにリークした鷲津が1年日本を離れます。1年ぶりに帰ってきた時には、彼の大事な人間が殺され、自身が築いてきたホライズンが変わってしまっています。今回は始終曙電機(日立)のバイアウトの話です。


 今回の鷲津政彦は、仲間が殺されたことと、1年間海外を放浪していたこと、また今までホライズンで築いてきた物が、たった1年でずいぶん変わり果ててしまっていることから、始終悲壮感が溢れています。前作「ハゲタカ」でのスマートな感じというより、どちからかというと彼が悩み考え、人間とは何かを求めている哲学的な部分まで描かれています。
 内容はミリ波の技術を持った曙電機(日立)を欲しがる米国最大の投資ファド プラザグループと、プラザに利用され、長年欲しかったテレビ事業を買収しようとするシャイン(キャノン)、曙電機経営陣によるバイアウトを提案するサムライキャピタル(鷲津がホライズンから独立して作ったファンド)の壮絶なる戦いです。
 この本の最後に鷲津の仲間を殺した犯人らしき中国人(女性)が話に出てき、次回の「レッドゾーン」に続きます。次が楽しみです。

      こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
             ↓ ↓ ↓
            オフショア投資ブログラキング
tag :

はんなりや(大森)

2009-06-14
はんなりや

 今回、行ってきたのは大森にあるこの割烹「はんなりや」。メニューとは別コースをいただいたのですが、どれもこれも本当においしい!お酒も色々な焼酎を取り揃え、普段あまりお目にかかれないような焼酎も。
 大森駅から少し離れているので、ちゃんと地図を用意して、予約をすることがオススメ!奥のカウンター越しのお座敷が一番落ち着きます。。

はんなりや(座敷)

      こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
             ↓ ↓ ↓
            オフショア投資ブログラキング
tag :

高輪会

2009-06-13
 お客様のお誘いで高輪会というのに行ってきました。これは西武・そごう(ミレニアムリテイリング)がお得意様だけを呼んで、毎年2回(6月、11月)東京と大阪で催されるそうです。名前の通りグランドプリンス高輪で開かれます。
 展示されているのは主に宝飾品、時計で、一部衣服(CHANEL、FENDI)、グラス(Baccarat)、ケータイ(VERTU)などがありました。価格は2桁万円というのは稀で、数百万円、数千万円、中には2億6000万円のBaccaratのシャンデリアがありました、、。
 その中でも今回は二つ挙げさせていただきます。1つ目は今回初出店というVERTU。最低60万円ほどの高級ケータイで、昨年日本へ上陸しました。中身はNokiaが作っていて、ケータイ会社はDOCOMOとソフトバンクで選べるそうです。元々3Gなので、世界中どこでも使えますが、外国へ行ってその国のSIMカードを差し込めば、その地域の料金で使うことができます。海外へ行くことの多い富裕な方々には、明らかにかっこいいデザインと明らかに良い質感に加え、大変便利かと思いました。今夏から新しい料金体系が設けられるそうで、1200分/月(一日平均40分)の無料通話とコンシェルジュサービスが付き、約50000円/月だそうです。50000円も月間固定で払うなら、もう通話料も無料にしてしまえばいいのに、と思ってしまいますが、コンシェルジュサービスをフルに活用される方には良いのではないでしょうか。ただこれに該当するのは、よほど外で活動される方のみで、なかなか数はいないだろうと思いました。

vertu-ti-1.jpg

 2つ目は、一緒に行った妻のお気に召したGimel。日本の宝飾メーカーで芦屋に工房があると言います。店舗もなく、東京のデパートの一角と大阪の大丸の一角にあるだけ。この年2回だけの高輪会でしかお目にかかれないそうです。ダイヤの指輪やブローチの裏にまた別のモチーフが入っていました(例えば星のネックレスの裏に「流れ星」、桜のブローチの裏に「芋虫」などなど)。

k1567124371.jpg


 名前は挙げませんが、有名人も何人か来ていて、外商部の方の対応の仕方など含め、とても勉強になった一日でした。

      こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
             ↓ ↓ ↓
            オフショア投資ブログラキング
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。