FC2ブログ

30代女性友人からの相談が増えています。

2013-07-24
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール




以前、私のメルマガでもご紹介しましたが、最近、30代の女性友人からの投資(というよりもお金を貯めて増やすこと)の相談が増えています。女性が多いのは私が女性友達の方が多いというわけでは決してなく(笑)、女性の方が堅実でお金に対して関心が高いからでしょう。対して男性は本業(キャリアアップ)と趣味に気がいくようになっているかと思います。

30代女性が貯蓄と投資を考える場合のほとんどの解決策が海外積立投資。勘違いの典型例として多いのは、定期預金と株式投資です(笑)。定期預金はどれだけ長く持っていてもほとんど増えませんし、株式投資はむしろ損をします(資産が減る)。

海外積立投資についてはこちら

海外でない積立投資でも本当はいいと言いたいところですが、国内の積立投資は仕組みそのものが全然適当。とりあえず月1万円から積み立てられる仕組みをどの証券会社も設定はしていますが、投資できるファンドは限定的。全然力を入れていないので、良いファンドもあまり見られません。証券マンはここからは手数料が全然入らないので、投資の手法としては最も良くても誰も勧めてはくれません。

その代わりにやたらとPUSH(セールス)してくるのが保険の外交員。保険は運用商品というよりも、余計な保証と手数料とファンドを抱き合わせで販売してくる金融商品なので、ハッキリ言って「わかりづらい」。わかっているのは・・・

1)保険会社や販売代理店が取る手数料がべらぼうに高い
2)良い運用先(ファンド)はない
3)「わかりづらい」こと


です(笑)。

30代から投資やお金について考えておくことはとてもいいことです。40代、50代のクライアントもたくさんいますが(本当はここがメイン)、皆さん声を揃えて「もっと早く知っておけば・・・」と言われます(笑)。つまりチャンスは30代の若い方の方があるのです。あとは気づくか気づかないか、実行するかしないかの問題ですね。。

弊社投資アドバイザー眞原が書いているこちらのブログもご参考にしてみてください。

「20、30代のための資産運用」ブログはこちら



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村









tag :

第46回Podcast:スイス出張報告(プライベートバンク)

2013-07-24
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg




先日スイスへ出張してきたご報告です。今回はプライベートバンク。今回改めて2行、スイスへ渡航しないでも口座開設できる口座開設を日本人投資家にご紹介できるようになりました。いずれも格式高いプライベートバンクです。




音声はこちら




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村



tag :

参院選に投票しない若者(20・30代)が関心あるものは社会でなく自分自身

2013-07-24
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg




「現代の若者には将来がない」「日本から脱出し個のレベルで国際競争力を持つことこそが唯一生き残る道だ」とよく聞く時代になりました。この言葉が出てきた根底はどこにあるのでしょうか?

今回の参院選を見てみましょう。問題となっているのは世代別の有権者層の数。こちらが2010年時点の世代別有権者層(%)。

20・30代:30.8%
40・50代:31.7%
60代以降:37.7%

(2010年国勢調査より)

これが2030年になると・・・

20・30代:45.2%
40・50代:31.3%
60代以降:23.5%

(2030年社会保障・人口問題研究所中位推計)

更に問題なのは投票率。人口がいても投票しなければ意味がありません。

20・30代:30~40%
40・50代:50~60%
60歳以降:80%〜


となっていることから、圧倒的に高齢者と呼ばれるところの票を獲得するための偏った選挙になることが見えています。

では日本の若者には将来がないのか?将来がないのではなく、彼らは社会や会社に頼ることはなく、自分たちの力で将来を切り開こうとしています(中には諦めている人達もいるが)。だから選挙にも行かないし、年金問題にも過度な社会福祉にも関心がない。

ただ自分たち(夫婦、家族)の将来だけは守りたい。お金でいうと最低限このくらいのものは残しておきたい、と若い時からよく考え貯蓄をしています。とはいえ先ほどの主要な有権者層(60歳以降)のようにまとまった資金もないし、金利がついても金額が知れている(そもそも日本の金利はほぼ0%)。だから積立という形で、毎月コツコツ投資をされています。

20・30代の若者は投票をしても社会を変えられるだけの人口はいませんが、彼らには‘これからの時間’という一番強い武器と‘柔軟性’というオプションがあります。その武器の価値を知っている人は、早くにオプションである柔軟性を発揮し行動(積立)をしているということですね。

他にも若者にしかない武器があります。インターネットを使った‘情報収集力’です。最近は変にコミュニティやパーティのようなところでできたものが人脈だと言われるようになってしまった一面もありますが、ITスキルが高い分、格段にグローバルに情報を収集する能力が高まっています。そこに言語も含めたグローバルなコミュニケーションスキルがあれば言うことないでしょう。

バブルを知らない、就職氷河期、国際競争力をなくす原因となった年功序列制、こうしたネガティブトピックも「個」の時代になれば関係ありません。すべて社会に帰属するものだからです。今回の参院選で投じる一票よりも、自分(個)のスキルアップに一票を投じる事のほうが効果的な時代になったのかもしれません。





ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村




tag :

人は変われるのか?

2013-07-23
本日は全然関係のないところからの話。初代ガンダムシリーズの6話目を見ました。


機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る


今回のテーマは「人は変われるのか?」。ガンダムシリーズでは毎度テーマになることです。地球連邦軍は地球から宇宙を支配するという考えを変えられるのか?コロニーは自治権を持って地球から支配を受けるということを嫌い、独立を主張し続けるのか(ジオン軍、ネオ・ジオン軍)?

かつてシャアは父ジオン・ダイクンの思想とザビ家のコロニー独立という考えを受け継ぎ、それでも人は変われると、地球連邦も変われると思い、(手段には問題があるけれど)コロニー落としなどでそれを変えようとした。ニュータイプという人の革新を信じ、ニュータイプが世界をリードすることに希望を抱いた。

今回のガンダムUCのフル・フロンタル(シャアのクローンと思われる)はまた違う。そもそも人に革新を求めても変わらない。絶望の先にコロニーでの経済圏設立を目指す。つまりEU圏のように地球は蚊帳の外に置き、コロニー圏だけで経済が成り立つようにする。そうすれば自ずと地球連邦は支配をしようにもできなくなるし、その経済圏に参加させてもらわなければいけなくなる。変えられないのであれば、不干渉にしようというものである。

私は正直、この考えに賛成。人は変わらないと思う。小さなことは変えられても、それが国家単位、ましてや20億人もいる(20億人に減ってしまった)地球の人間の意識を皆変えることなど不可能だと思う。しかしここに出てくる主人公のバナージ・リンクス、ミネバ・ザビ(ザビ家の唯一の生き残り)は、ガンダムUCに乗っている時に感じた人の繋がり、優しさに希望を持つ。人に期待しなくなったシャア(フル・フロンタル)を否定する。

たしかに私も昔はそうだったような気がする。人や社会は本当に変われると信じていた。しかしそれは自分が変われる段階の子どもだったから。まだなんとでも変われる、成長しないと社会で生きていけない時だったから。それが大人になり、知らないうちに絶望の先に行ってしまったような気がする。フル・フロンタルのように。

おそらくこの問答に答えはないと思う。答えがあるとすれば、個々人レベルであれば変われるが、社会を根底から変えようと思うとよっぽどのこと(ナチの一党独裁、共産党の毛沢東のように)がないと変えられないのだろう。現に日本で震災があったが、何も変わらなかった。結局皆、自分の身を守るだけが目的となって、変革など求めていないことが証明された。

けれど自分を含め、変えられないと思って生きるよりも、変われる人間もいると思って生きたほうが生きがいがある。その方が希望のある楽しい人生だと思う。すべてを変えようなどとは思わなくていい。自分と自分の大事な人間だけが良い方向へ変わっていければ十分なのである。




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村














tag :

2014年ブラジルワールドカップのチケット情報

2013-07-22
2014年ブラジルワールドカップに行こうと思います(勝手な希望)。そのためにはまずはチケットをゲットしないといけません。ということでここにほぼ自分のためのメモ書きでもありますが、公式なチケットの取得方法を書いておきます。

FIFA公式HP

■1次販売受付期間(2013年8/20~10/10)
抽選は10月11日~11月04日に行われ数週間以内には申込者全員に当選の可否が伝えられる予定。
有効な申請を行った申込者が当選から外れた場合には11月5日~11月28日に先着順での販売が行われる予定。

■2次販売受付期間(2013年12/08~2014年1/30)
2次販売も抽選方式が取られ申込者全員に当選の可否が伝えられる予定。
有効な申請を行った申込者が当選から外れた場合には2月26日~4月1日に先着順での販売が行われる予定。

■最終販売受付期間(4/15~7/13)
最終販売は先着順での販売。


■日本サッカー協会販売分(未定)
日本サッカー協会は抽選にて日本代表戦のチケットを販売。インターネット、郵便、ファクスでの申し込み。


■オフィシャルのチケットお受取り時の注意
予約確認書が各自へEメールで届く。現地ブラジル国内の公式チケットセンター等で確認書(チケットコンファメーション)と身分証明書(パスポート)、支払いに使用したクレジットカードを提示の上でチケットを受け取る(つまりブラジルに行かないとチケット自体を受け取れない)。


これでダメなら、ダフ屋。かなり詐欺系が多くなり、金額も相当跳ね上がるものと予想されるので、できれば使いたくないところ(笑)。

まずは8/20。私はアイルランド出張からの帰国日です。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村









tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>