FC2ブログ

NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN 〜野村證券

2015-11-18
久しぶりに野村證券の元同僚に会ったら、今野村では投信販売ではなくこちらの『NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN』のようなETNに力を入れているみたいです。

証券会社の収益体制から話を戻しましょう。本来投資信託(ファンド)であれば購入時に購入手数料が3%前後、信託報酬が毎年1.5%程度もらえます。しかしこれがETNだと購入手数料は株の売買手数料(1%もない)と信託報酬の0.85%/年。つまりは証券会社は以前ほど儲からないということです。

※ETNについてはこちら

これでもこうしたETNを販売するようになったのは、おそらく投資信託の成績があまりにも悪く、投資家は手数料ばかりかかるだけで、いい思いをしていないから、ということがあるのでしょう。ちなみにこれが米国となると、投資信託をする人口は既に大幅に減り、今はETF、ETNを中心とした低コスト&インデックス(パッシブ)運用をしています。その背景には、営業マンへの給与支払が預かり残高の数%という風に決まっているため、顧客の資産が増えれば、彼らの給料も増えるということから、だったら余計な費用を支払わず顧客の資産が増えることを目標とするようになった背景があります。こういった環境にはそれこそ金融庁が規制をしない限り、自主努力ではなかなかならないことが予想されますが、野村に限っては自主的に方向性を変えるようにしてきたようです。

※インデックス(パッシブ)運用についてはこちら

さてでは今回の『NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン) ETN』を見てみましょう。名前から想像ができるように、このETNの特徴は・・・

1)S&P500(米株インデックス)のうち、過去25年間増配を繰り返している大型優良株だけを対象にしたインデックス
2)米国にあるオリジナルは米ドル建てだけど、これは円建て換算


です。

まずは1)を確認するために、米国に上場しているオリジナルのETFのパフォーマンスを見てみましょう。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN2

文句無しにいいですよね。米株(S&P500)自体上昇しているのに、更に増配株だけを入れてるのですから、当然いいです。
組入上位銘柄はこちら。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN3

こちらがセクター別パイチャート。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN4

そしてこれを2)円換算されてしまうのが今回の野村のETN。

NEXT NOTES SP500 配当貴族(ネットリターン) ETN1

円をどう見るかどうかは皆さんそれぞれあるかもしれませんが、私は円は当然弱くなると思っているので、私だったらこのETNへは投資せず、オリジナルの米国にあるETFに投資をします。ちなみにこれが米国にあるオリジナルの『S&P 500配当貴族指数』。たぶん野村證券でも投資できると思うんだけどな(笑)。けれどETNの信託報酬が入ってこないと、安い株の売買手数料しか収入がないことになるので、たぶん「円が安心だから」とかいう取ってつけた理由でこのETNを勧めてくるんでしょうね。こういうところで証券会社のポジショントークが入ってくるわけですね。。


今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

K2スタッフ募集 〜投資アドバイザー、保険アドバイザー、事業開拓(B2B)

2015-11-11
事業拡大に伴い、スタッフを募集します。以下のポジションで経験者を求めています。

・投資アドバイザー(証券会社勤務経験)
・保険アドバイザー(保険会社、代理店勤務経験)
・事業開拓(B2Bで積極的にRMを取れる人材、金融経験不問)


※募集要項はこちら

証券会社、保険会社など常に個人の営業力で数字をすることが求められますが、弊社では個人の営業力ではなくチームワークで集客し、顧客満足度を高めていきます。そしてPUSH営業を一切行いません。すべてクライアント側から来る相談に答えていくPULL型営業です。日本人一人ひとり(日本だけでなく世界)に本当の意味での客観的アドバイスをし、その方の人生の目標を達成するために何が必要なのか?を達成するため、グローバルスタンダードな金融商品(ファンド、保険)をボーダーレスで提供していくことに意欲のある方は是非応募ください。

私が東京にいる期間が限られるので、できれば希望者には急ぎ面談をしたいと思います。こちらのフォームより「〇〇のポジション希望」とご連絡ください。その後、送られてくるメールに返信でCV(履歴書)をお送りください。

K2キャリア採用にする応募する


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

K2パートナー募集(税理士、会計士、弁護士、不動産コンサルタント、FP、証券マン、保険マン、経営者)

2015-11-10
今までひっそりやっていましたが、今回改めて弊社K2のパートナーとなる方、企業を公募します。

ここまでの経緯をお話すると、我々は2010年1月から営業開始をし、もうすぐ6年間、個人投資家、保険の契約者を対象にwebを中心に助言業務を行ってきました(B2C)。そして今年、こうしたB2Cだけではなく、パートナー企業、個人と業務提携し、彼らのクライアントへ海外ファンド、海外保険、海外口座開設などを提供できるように体制整備をしました(B2B)。

公募はしてきませんでしたが、弊社にお問合せをいただいて、もしくは紹介から既にパートナーとして活躍されている方たちもたくさんいます。主にこのような方たちがパートナーとしての対象となるかと思います。

・税理士
・会計士
・弁護士
・不動産コンサルタント
・FP(ファイナンシャルプランナー)
・証券マン
・保険マン
・経営者


皆さん、それぞれのプロでありますが、提供できている商品は日本国内の限られた金融商品、保険であることがほとんどです。もう皆さんご存知だと思いますが、それではお金は増えないし、十分な年金も貯まりません。保険の保障額も少ないですし、円なのでデノミ対策にもなっておらず、破綻&預金封鎖の時には全部握られてしまいます。なので、我々と協業し、海外のプロダクトを皆さんのクライアントさんへ提供してもらいたいのです。そうすることで、クライアントにはもっと満足してもらえることでしょう。

経営者の方は、金融のプロではないことが一般的です。ただ何がこの日本社会で問題になっていて、それを解決するには海外しかないということに一番気づいているのが経営者だと思います。そして経営者の方は社員の方もいれば、経営者仲間がいます。彼らに海外のプロダクトを提供することで、彼らの将来のためにもなり、それがまた良い人間関係を生むものと思います。

パートナーになっていただいた方には、K2パートナー専用サイトを用意しています(既にできていますが、デザインの最終調整をしているので、でき次第本ブログで告知します)。そこで

・パートナー書類手続きマニュアル
・マーケティングツール
・海外ファンド(積立含む)一覧
・ファンド申込書類一覧


を用意しています。
更にK2パートナーメルマガも定期的に配信しているので、そこで

・海外のファンド会社、保険会社、プライベートバンカーなどの来日情報
・最新ファンドの紹介
・積立ポートフォリオ変更のお知らせ
・パートナー成功事例


などをご紹介していきます。

もし興味があるという方は、まずはこちらよりメアドを登録ください。その後、送られてくるメールに書いてある、必要な情報をお送りください。

海外には可能性がたくさんあります。一緒に未来ある人生をクライアントに提供していきましょう。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :

タイミングを決めるのはあなたではなく社会の流れから掴むもの

2015-11-09
これ前にも書いたかもだけどまた書いちゃいます。

「タイミングを決めるのはあなたではなく社会の流れから掴むもの」

頭でっかちとか優秀な人ほど、何事をやるにもしっかり勉強して理解した上でやろうとします。つまり過去あったことや普遍のものばかりしっかり捉えようとして、今現実に世の中で流れている流れに反応しきれないでいます。けれどビジネスチャンスも営業(セールス)のチャンスも全部あなた自身ではコントロールの効かない社会の流れの中にあるのです。

例えば弊社のクライアントも野村證券のクライアントも対象は同じだと思います。けれど野村證券は(といっても営業マンベースでやり方は異なりますが)自分たちが売りたい時に物を売ろうとします。今月数字(コミッション)が欲しい、募集期間中のこの株やファンドを売らないといけない、などですね。これは会社側のタイミングで顧客(投資家)を無理に行動させます。しかし弊社K2はいつでも投資できるもの、いつでも止められるものしか取扱っていないので、投資家がそのタイミングになった時に連絡をもらい、投資をしてもらいます。

経営者ならわかると思いますが、ビジネスのチャンスは自分が日々アップデートしている中で見つかりますが、それはすべて過去の経験から見つけてきたものでも教科書に書いてあったものでもなく、社会の流れに自分の手を出して掴んだものになります。

これは生まれ持った性格もあるのでどうしようもないかもしれませんが、もし成功をしたいならタイミングはあなた自身で決めないでください。いつでも勝利を掴める器でいて、掴めるタイミングでチャンスを掴んでください。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村


tag :

保険アドバイザーとして客観的に保険の証券分析をします(3000円)。

2015-11-09
保険の相談が多い今日このごろです。保険を相談してくる保険に既に入っている人達にとって、

・保険による保障が十分なものになっているかか?
・掛け過ぎのようなもったいないことになっていないか?
・今の貯蓄状況で老後は生きていけるんだろうか?


が常に不安なようです。そしてそれを相談できるところがないのです。

普通保険だとこれらの人達が関係しています。

・加入した時の保険会社(保険マン、おばちゃんなど)
・乗合代理店(ほけんの窓口など)
・FP(ファイナンシャルプランナー)


けど彼らは保険を見直してもらうと、新しい保険の方で得をする人間たち。要は保険のセールスマンです。となると上記悩みを持っているだけなの方にとっては、利害が一致しないわけです。利益相反ですね。なのでそのような利害関係にない我々が、保険の証券分析というサービスを作りました。

「証券分析」というのはちょっと保険マンよりの言葉かもしれませんが、要は今持っている保険証券を見て、それが

・どのような保険か?
・現在のあなたにとって良いものかどうか?
・現在の世の中の保険商品と比べて、有利なものになっているかどうか?


を客観的に分析しアドバイスします。今までも一対一のメールをベースに本サービスをしてきましたが、ほぼ100%何かしら見直しが必要な状態となっています(その方が得、もしくはそもそも止めたほうがいいものも)。

ということで、今現在家に保険証券があるという方は引っ張りだしてきて、こちらまでお申込みください。業界20年の弊社の優秀な保険アドバイザーが客観的にお答えします。

保険の証券分析お申込みはこちら(3000円/回)

なお保険は通常複数入ってると思いますが、一つ一つの保険証券の分析に3000円頂戴するのではなく、全部まとめてで3000円としてます。お気軽にお申込みください。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>