FC2ブログ

日本がいい論争と海外がいい論争

2018-08-13
先に答えを言うと、世界中どの都市もどの国もどちらも良いところがあるし悪いところがあるのだが、どちらかに偏りたい人間は、どちらがいいから自分はそうしているというポジショントークをしたがる。

日本がいいという人は、

・安全
・キレイ
・法整備がしっかりしている
・サービスが行き届いている
・コスパがいい
・日本語だけで生きていける
・医療費、介護料安い


などを主張する。いずれも事実だけど、その裏には高い税金、プラス借金(国債)があるからこそ維持できている社会。逆を言うとその対価だから、そうなっていて当然だろうとも言える。一方、そのせいで新しい産業もビジネスも生まれず、グローバル社会では孤立し、世界のスピードについていけていない。日本にずっといるとそれにすら気づかないから危ない。

対して海外がいいという人の主張は、

・多様性が有り色んな考え方、価値観がある
・ビジネスチャンスがたくさんある
・良い金融商品(投資、保険)がいくらでもある
・良い教育


という。けれど、20年デフレを通した日本と比べると、すっかり海外の物価は高くなっているし、多様性がある分、言語ができないと話にならない。ビジネスチャンスはたくさんあるけれど、ルールは各国で違うし、競争も激しい。そして当然治安悪い、汚い、うるさい、道ボコボコで運転大変。けれど今後激化する国際競争でも生きていける人間になっていける。そして借金は日本より全然ないから、将来潰れる心配はそこまでしなくていい(大事な資産も守れる)。

表があれば裏がある。片面だけ見ていたら落とし穴に落ちる。どちらも認めた上で、どちらの良い面も取っていくのが賢い生き方だと思う。どちらかでしか生きれないのに、他者批判をするのは論外。程度のいいセンスのある生き方をしよう。
tag :

人生の楽しみはケミストリー

2018-08-06
欧州、東欧2.5ヶ月から帰ってきてずっと1ヶ月東京で仕事ばかりして、一人で自分と向き合う時間も多く、人生の楽しみってなんだろう?と考えていた。

ビジネス楽しいけどトラブルもつきもの
美味しい料理食べるの楽しいけどハズレも多い
美味しいお酒、ワイン飲むの楽しいけど美味しくないのが多い
高級車乗るのまあまあ楽しいけどそもそも運転嫌い
クルーズするの楽しいけど波あると酔う
旅行(海外)はそこにあって当たり前
家買っても住みだしたらそそれが当たり前になる
友達との会話も生産性ないとつまらない
キレイな女性といるのいいけど会話が楽しい人少ない

ということで、仲いいソムリエから指摘されたのが私はいつも仕事脳だということwそう、リラックスする脳みその使い方をしていない。オンオフができていない。たしかにこんな生活していて自分はいろんな人生経験して成長できるけど、成長以外のリラックスをしていないな、と。けどだからといって一体今更何をすればリラックスできるんだろう、と。リラックスしなくてもいいから、モチベーションが上がるような気持ちの高揚感を味わうには?と考えた時に出てきたのが・・・

その時にしかないケミストリー

世界各地行って、色んな人達と話して、言い方変えると一期一会だったことって結構ある。

サンディエゴのスパークリングサンセット
ボンダイの青
ビジネスでピタっと需要と供給がマッチした時
チームに新しいメンバーが入ってきた時
あの人(不特定)とあそこ(不特定)ですごし会話したこと
必要だと思った時にそこに現れる幸運

偶然が重なり今たまたまそうなっている。人生この繰り返し。そして全部その一瞬に起こることで、すぎてしまえば過去になってるけど、その時一瞬高揚する感覚は今でも覚えている。ただし一緒にいても絶対にケミストリーなんて起こらないだろうなという人もいれば、何が起こるかわからないワクワクする人もいる。後者といないと人生楽しくない。けど起こす導火線になるのはいつも自分。待ってるだけじゃあ起こらない。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>