FC2ブログ

資産運用よりも生命保険、医療保険、損害保険よりもニーズがあるのはやっぱ全損商品(法人)

2018-09-26
中国から帰ってきて野村證券で働き出したのが2004年だから、この業界ではや14年たって、その間に保険も勉強して、どちらも海外の商品絡めてアドバイスしていますが、ずっと提供できてなかったのが法人に対する全損商品。

日本ってご存知の通り、法人税は34%あって、個人の所得税は最高55%ある。だから会社の株100%持ってる経営者からすれば、稼いだ額(利益)から見たら1/4しか手元に残らない。従業員達には税引前から給料あげて、諸々の諸経費も自分で控除なく払って、頑張って1億円稼いだと思ったら3000万円しか残らない。そして会社に残ったお金も繰り越すとまた税金取られる。。

贈与税も最高55%あって、相続税も最高55%あるから、散々こうして3/4が税金で持っていかれた後のお金を誰か大事な家族にあげようとしてもまた半分持っていかれる。。。死ぬ前にあげるか死んだ後に持っていかれるかの違いである。

ということで、売上、利益を4倍に増やすよりも、当然この税金を払わないということを考えないといけないわけである。むしろこっちの方が簡単だったりする?

そうして税金を払うのがもったいないので国内の損金にできるものにお金を使っていく。

・設備投資
・接待交際費
・不動産
・保険
・船/航空機

こうして使っても結局はお金から資産に変えた途端価値が下落する。本当に事業をしていくのに必要なものだったらいいけど、税金を払うのがもったいないから下した決断は得てして投資ではなく消費になる。全損商品とされる保険も船も航空機も将来満期を迎えてお金が返ってくるから、利益を繰り延べているだけにすぎない。

ということでずっと解決策がなかったんだけど、なんとかできるようになったのが海外全損保険。海外の全損保険なんて全く聞いたことないと思うけど、とりあえず今期利益5000万円以上あったらそれをなんとかできる。残念ながらそこまでの事業規模がない会社には使えないんだけれど、、それ以上あるなら大企業も上場企業も平等に使える。そして実際にドコモ含め多くの企業が使っているけどまだ知っている中小企業オーナーは日本では数少ない。

ということで、全損商品探している経営者の方は、こちらの入門書(マニュアル)を読んでみてください。

tag :

自分の生き方を貫いたら残ったもの

2018-09-19
僕、仕事関連(私が会うのはほとんど海外の金融機関の人たち)とプライベートの趣味とか食事関連とか家とか車とかで関わった人くらいしか会いません。今ハワイに住んでますが、その前に欧州や米国などにいた時はもっと会いません。海外にいる日本人だからって簡単に仲良くなったりもしません。面白くないと付き合いません。面白い基準は良い家住んでるとか良い車乗ってるとか、経営者だからとか医者だからとか有名だからとか星持ってるからとかどの国に住んでるからとか美味しいレストランで食べてるとかそういうのもどうでもいいので基準にはならず、その人が何を考えていて何をしたくて生きてるのかな?っていうのが見える人と付き合ってます。

そうなるととっても交際関係が狭まりますが、その分自分が何をしたいか、何をしようか、を真剣に考えられます。趣味もないわけではないので、お金がかからないわけではありません。けどそれにいくら使ったとか言うことに興味ないし、見せびらかすことにも興味ありません。むしろ放っておいてって思うくらいw

関心事でいうと、TVに出るとか、雑誌に出るとか、IPOするとか、どこかに永住したいとか、日本に帰りたいとか、AISA50に入ったお店に絶対行きたいとか、高級ホテルができたら泊まってみたいとか、一切ありません。それよりも自分が何かを知り、世の中の仕組みを学び、人の奥底を見ることの方が興味があります。

そうしてずっと生きていくと、俗世から離れていくのか、人と共有できる機会がどんどん減っていきますw無理に共有しなくてそれぞれでいいというのが答えなので、それもどちらでもいいというところですよね。TVができた頃から特に右向け右に流されていく人が多くなってしまったんだろうと思いますが、その時間がもったいないですよね。僕みたいな生き方をしてもちゃんと生きていけるし、友達もいるし、ちゃんとビジネスしていけます。本当に自分がしたいことを見つけましょう。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>