スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

バーゼル委員会、日本の邦銀を「その他大手」へ分類

2010-11-17
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー




昨日の記事ですが、私は「ああ、当然だろう」とスルーしてしまいましたが、皆さんの関心が高かったので(驚)、ブログでもご紹介したいと思います。

銀行ルールを決めるバーゼル委員会はこの度、世界の銀行にさらなる上乗せの自己資本規制をすることに決めました。これは要は、リーマンブラザーズやAIGのように、大きすぎて潰すと市場へ悪影響が出る。しかし公的資金注入を容易にしてしまっては、市場のメカニズムが働かなくなる、ということで、だったら事前に極端なレバレッジなどリスクのたかい経営をしないように、自己資本規制をかけておこう、ということである。

しかしこれをすべての金融機関にしてしまうのはかなり酷なことでもあり、世界的に競争力のある大手金融機関(G-SIFIs)だけに規制することになりました。

さてそこで日本の銀行がこの「世界的に競争力のある大手金融機関」に選ばれるかというと、当然選ばれないのです。日本に住んでいる日本人からしたら「なぜ!??」と思うかもしれませんが、こんな内需頼みの鎖国的な銀行(メガバンク以下すべての邦銀)が、国際競争力があるかと言われたら、あるわけがありません。どの銀行だろうと一律、日本人から預金を受け、日本の国内にある企業に貸付をして、自分たちはほとんど日本国債を購入している。こんな「日本だらけ」の企業、世界から見たら、日本国と同様、世界経済の蚊帳の外です。ガラパゴスです。

だから日本にいて「どの銀行に預けよう」と思った時に、どの銀行に預けようとサービスも金利も投資商品も大差なく、正直「どこでもいい」のです。それがちょっと外資の血が入っただけで、新生銀行のような良いサービスができるようになるのです。だから私はメガバンクには絶対に口座を作りません。

邦銀が今後変われるか?と言えば、絶対に変われないと思います。日本という国と同じです。また金融庁が国際化できるよう業界体質を変えていくか(高度経済成長期の頃は日本国内に国内産業を作ることを努力してきましたが、今回はその逆)、と言えばそれもないでしょう。そもそもお役所が国際人であるわけがありません。

と、私はこの日本の銀行の問題はすでに「どうしようもない事実」としか認識できなくなっています。



こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング







tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1011-16ce25fc

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。