スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

進歩(変化)する時に立ちはだかる抵抗(stress)

2010-11-19
人生の転機には必ず抵抗(stress)となるものがあります。主に以下の3つでしょう。


1)あなたが今まで培ってきた資産

例えば転職であれば、今まで自分の顧客となっている人たち、社内での人脈、現在の地位(課長、部長など)。投資であれば、今まで投資してきたファンド、株など、損をしていれば塩漬け銘柄、今までのせっかく覚えた「毎月分配型」というわかりやすい投資商品などです。

要はこれらの「すでに知っている」という心地良い空気と、今までせっかく時間をかけて育んできた資産を手放したくないという「執着」です。


2)あなたの周りの同僚、友人、家族

同じく転職の例であれば、まずあなたの同僚、上司が止めにかかるでしょう。それもそうです。その会社がいいと思って働き続けているか、不満があっても「度胸」がなくてそこに居続けている人たちだからです。

あなたが今親しくしている友人も多くが反対するでしょう。なぜなら今までのあなたの友人だからです。自分のレベル、段階によって、友人も必然的に変わってくるものです。今までのレベルで作った友人が次のレベルのことに賛成してくれるのは難しいでしょう。

家族は守るものです。いい意味では「責任」を持てるのでいいことです。しかし「変化」というものを前にしては、守るものを持ってしまった人間は弱くなります。つまり臆病になります。

投資であれば、だいたい投資・金融・経済を理解できている人間など専門家以外にはいないわけですから(専門家でも少ないが)、素人同士で誰に相談したって反対されるに決まっています。だって知らないものは怖いですから。


3)資金

何かをしようと思う時には、必ずお金が絡みます。お金がなければ正直大したことはできません。

例えば転職する時、ある程度の蓄えがなければ、転職した後でクビになった場合、稼げなかった場合などを考えると心配でしょう。

起業するのであれば誰でも資金が必要です。今や1円で起業ができると言う脳天気な人がいますが、1円しかなかったら、人も雇えない、研究開発もできない、広告も出せない、自分の初任給すら出せないので、起業などできるわけがありません。起業は絶対にお金が要ります。最低でも半年何も収入がなかったとしてもやっていけるだけの資本金(会計上ではなく、現実のキャッシュ)が必要でしょう。

投資であれば、そもそもキャッシュがなければ投資すらできません。将来投資で楽して儲けるぞ!とか、投資でお小遣いを稼ぐぞ!という勘違いな人をたまに見ますが、投資の本を読んだり、どこかに問い合わせたりする前に、まず自分自身の本業でちゃんと稼げるためにスキルアップをし、ちゃんと毎月貯蓄をしてくことです(積立投資をしていくのもいいですが)。よそ見をして、片手間で投資を始めるから、見事に損をして「いい勉強代を払った」と自分を慰めるのです。

積立投資についてはこちら


私の話を少しだけすると、高校は私立の奨学金がもらえるところを選択しました。親にも相談したことはありません。自分で決めて願書も取り寄せました。

大学で東京に行くことも親に相談したことはありません。もう行く、と決めてから報告しました(費用は出してもらわないといけませんから)。東京の大学は当然偏差値が地方に比べて高いですから、当然それまでの模試ではいい偏差値を取っておいた上で「東京にしか偏差値の高い大学がないから、東京に行く」と説得するのです。

中国に行くことは、当時2002年でもほぼ100%の人間が反対をします。大学の友人、親、大学の就職課、内定先の会社などです。けれど自分の人生は自分のもの。22歳はその時しか味わえません。だから自分でバイトをして1年半行けるだけの費用を稼いで、願書も自分で中国の大学から取りよせて、ビザも東京の六本木にある中国大使館へ行って取ってから、親にも報告しました(知人には誰にも言っていなかった気がします)。

野村に入るための就活は中国生活が1年すぎたところで、一時帰国をしている時にしました。どこに就職するかなど誰にも相談したことはありません。当時「野村證券行ってくる」と祖父に車を借りるために伝えたところ、「株はあんまりするなよ」と言われました(笑)。面接とも一言も言っていませんが、証券会社に行くと言っただけでもうご丁寧にネガティブな抵抗(stress)をくれるわけです(苦笑)。

野村を辞めて次の会社へ行く時も、同僚などに相談したことは一切ありません。本当に仲の良い同僚とはお酒の肴くらいにはしましたが、それ以外は話しても無駄です。この転職も年収が半分以下になるわけですし、会社もなんか嘘くさい小さな会社。それでも私にとっては「次」へ行くための大切なスキルアップ(経営、マーケティング、Webビジネスなど)となると判断したのです。

起業が人生の中で最もリスキーなことなので、当然抵抗(stress)は相当のものでした。前の会社からは子どもじみた嫌がらせをされるし、人生で最もお金を必要だと感じたのもこの時期でした。結局、いつも前向きに助けてくれる妻がいて、起業も成功することができました。サラリーマンをしていたら10年かかっても辿り着けない段階にいます。

しかし面白いことに、どの時点でも、どこにいても、成功者は皆声を揃えて、今の私がしていることと同じ方向へ進むことを勧めてくれました。「成功者」かどうかを見分けるのが難しいかもしれませんが、私は比較的それを見分ける目を持っていたこともあり、そういった「正しい声」だけを自分自身の血と肉にしてくことができたのがよかったのでしょう。

あなたの周りに抵抗(stress)だな、と思うことがいくつか出てきたのではないですか?


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1016-66732982

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。