スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

目標と過程

2010-12-14
私も自分自身によく言い聞かせているのだが、「目標」と「過程」を必ず分けて考えるようにしている。


例えばビジネス

目標:良いサービスを構築し、顧客満足度を高め、ビジネスを拡大していくこと。

過程:効率の良い広告を選び、ちゃんと私の伝えたい事が伝わる媒体を選び、自分の時間には限界があるのである程度はマニュアル化して人を雇って、会社としてサービスを最大化していく。


例えば英会話

目標:ビジネスで対等に交渉できるようにする。世界中のより多くの価値観、考え方を吸収して自分の人生、人格に良い影響と刺激を与える。

過程:毎日英会話をする。都度自分の足りないところ(リスニング力、早口、英語の数字など)を明確化して、毎度鍛えていく。


例えば投資

目標:これは人それぞれ。60歳時点である程度の資産形成をしておきたい方。もう今後は収入が見込めないため、毎年ある程度安定した収益を今ある金融資産から得たい方。

過程:ギャンブラーでない限り落とせるリスクは落としたほうがいいので、リスクを落とした上でできるだけ高いリターンをあげられる金融商品を選んで投資する。


なんでこうやってわざわざ当たり前のことをわざわざ自分に言い聞かせるかというと、目標は少し遠い話なので、毎日過程に集中するようになる。過程に集中するようになると、次第にベクトルがずれるので軌道修正が必要になる。また過程に集中するあまり、その過程をすること自体が目標化してしまうようになる。結構これが落とし穴。実はここに陥っているのに気づいていない人が多いと思う。

例えばビジネスで言えば、起業をするために今の仕事を頑張ると言うけど、実際起業とはずいぶん遠い業務内容をして、その会社でいい仕事をして数字を残していたとしてもまったく起業とは関係なかったりする。

例えば英会話Teitterを介してしょっちゅう「Rarejob」はどうですか?という質問が来る。彼ら、彼女らは英会話をするのにどの媒体を使おうか迷っているよう。さらにそこの時点でずいぶん時間を使っているよう(私に質問したり、どこかの掲示板で評判を検索したり)。目標は良い英会話学校を見つけることではないはずなのに、それがすでに目的化しているのである。目的は英会話をできるようになって、それをどう使いたいか?ということのはず。私の場合、それがハッキリしているしぶれないので、英会話の媒体なんてほとんどどこでもいいのです。そんなに変わりません。どこにもいい先生もいれば悪い先生もいます。選択肢さえあれば、自分で試してすぐに違う先生に変えます。月たった5000円でいつでも止められるわけですから、とりあえず会員になって試してダメならすぐに違うところを探します(結果、1年くらいRarejobをしていますが)。

例えば投資。上記のとおり、投資をしてそこからどんな人生の目標を達成したいか、が大事にも関わらず、いつしか「何が儲かるか?」「どの商品にしよう?」「損しているけどどうしよう?」という話に摩り替っています。毎月300件くらい私のところに来る相談の大半がこういった内容です。証券会社や銀行が自分たちの商売の話ばかりして、顧客の「目標」など気にもしないのが問題でもありますが、個人投資家の皆さんもちゃんと「目標」をハッキリさせてください。仮に「目標」がないのであれば、投資なんてしなくていいんです。どうせ損をして後悔するか、他人のせいにして恨みを抱くかのどちらかです(笑)。全体の95%が損をしているんですからね。

95%の投資家が損をしている

皆さんも気をつけましょうね。。


今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー



こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1080-17295a98

[2010/12/15 17:35]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。