スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

よく顔を出す営業マン&よく電話をしてくる営業マン

2011-01-12
私も野村證券にいた時、一人の営業マンでしたが、営業マンの主な仕事を営業マン、顧客共に勘違いしている人が多いです。勘違いは以下のとおり。

・営業マンは良いアドバイスをすることが仕事だ
・営業マンは顧客の利益をあげることが仕事だ


このような勘違いをしている営業マンは営業数字が良くなく、またこういった勘違いをしている顧客(投資家)は損をさせられて文句を言います。

そして営業マンの本当の仕事とは以下のとおりです。

・用がなくとも何度も顔を出す
・用がなくともとりあえず電話をかける


要は商品知識や相場観、経済情報などはすべておまけなのです。これをわかっている営業マンの数字は総じて良く、これができない営業マン(知識武装ばかりするインテリ営業マン)は総じて営業成績が良くないです(もちろん両方できる営業マンが最も成績がいいです)。

これを顧客(投資家)サイドで考えると、皆さんの勘違いがハッキリしてきます。そう、あなたの証券会社、銀行、保険会社の担当者、ひいては不動産やデパートの外商、広告代理店などすべて、やたらと電話をしてきたり、無理にでも「一度伺わせてもらいたい」と言ってくる人はいませんか?彼らは営業数字を取りたいだけであり、あなたの資産が増えるかどうか、あなたの会社が広告によって良い成果をあげるかどうかなどほとんどどうでもいいのです。そもそも良い商品で、ちゃんとした運用をしているのであれば、放っておいても商品は売れますし、顧客の方から「買いたい」と言ってきます。そう、オフショアファンドのように・・・

オフショアファンドについてはこちら

だからなんでも世の中、受身はダメなのです。受身ほど楽なことはありません。相手はPUSHしてきているわけですから、営業マンには感謝されますし、受身で乗ってあげたあなたにもその瞬間(まだ損が出ていない時)は満足感があります。誰でも人に感謝されたいですからね(笑)。しかしそんな感謝になんの意味があるのでしょうか。ネギを背負った鴨が歩いてきて感謝した狩人は、その夜鴨鍋をして家族で美味しく食べたら、翌日には鴨のことなど忘れているでしょう(笑)。

だからちゃんと自分の資産は自分で守る、自分の資産のことは自分が主体的に情報をとって決める、ということをしてくださいね。



今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1145-2afecbe0

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。