FC2ブログ

個人向け国債1兆円償還

2011-01-18
2006年から発行を始めた5年物個人向け国債の満期が1月17日に初めて満期を迎えた。総額1兆円。今、私のところにもたくさんの個人向け国債保有者が、

「国債の満期が来て、証券会社から〇〇投信の方が国債より金利がいいから、乗り換えましょう。」

と勧誘が来るという相談が多い。

さらに今後2年間で約8兆円の満期を迎える。いずれも金利が0.8~1.5%という低金利のものばかり。これを証券会社がこぞって投資信託や変額年金保険など手数料が高く取れるところへ乗り換えをしようと躍起になっている。

野村證券でも直近『野村エマージング・ソブリン 円投資型 201101』というものを新規設定して、為替リスクがないことを売りにちょっとだけ金利のいい(約3%)投資信託に乗り換えて手数料を稼ごうとしている。同じことが各証券会社行っている。

私のクライアントはじめ、個人投資家がどう考えているかというと、投資信託=損するものだともう認識が十分できたが、金利の低い個人向け国債にもまったく興味がわかない。結果、いくところのない宙ぶらりんの資金になる。

ちなみに5年物個人向け国債の償還と同じ1月17日発行の3年、5年、10年個人向け国債は合わせてもたったの1864億円ピークだった時(2兆円)の1割もない。国は国債の償還がありお金(借金)を返さなければいけないので、新しく国債を発行する。しかし満期のほんの一部しか発行額がない。では収入(税金)が増えるか?と言っても景気が悪いので、増えるわけもない。利益がないからだ。もちろん運用でのキャピタルゲイン課税での税金など、皆損をしているうちはまったく入ってこない。さらに損失の3年繰越控除もあるのでしばらくは期待できません。自転車操業しようにも自転車のペダルがまわらなくなってます(笑)。

皆さんは国債の満期を何にしますか?私へのご相談はこちらからどうぞ(無料)。

河合へ相談する





こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング








tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1172-88331248

<< topページへこのページの先頭へ >>