Webマーケティング

2011-02-16
一般的なユーザーとしインターネットを使っていて、Googleで検索をして自分の知りたいことを検索している人(こちらが大半)の目線から見ると、インターネットというのは情報が氾濫しすぎていて、しかもGoogleやYahooに広告料を払って載せている業者(お金稼ぎをしたい人たち)が検索結果の上側、右側(スポンサーリンク)に出てきて、いったい自分はどこを見たらいいのか・・・という状態に陥ると思う。

これが事業をしている側(私)で、ユーザー側とは真反対の立場で考えてみると、いったい自分はどのような対象に見てもらいたいのか・・・と考えるようになる。というのもマーケティングというのはWebだけに限らず、TVで月9のCMを見ている人、日経新聞の広告を見ている人など、それぞれにそれぞれの視聴層があります。しかもその人達が自分の会社のことを本当に見たい、知りたいのかというとほとんどがそうではないでしょう。たまたま目について、そのなんとなくの広告で企業イメージを持って、いつか車を買いたいと思った時に店舗に来てくれればいい、という程度の広告だ。しかしWebマーケティング(インターネット広告など)になると、キーワードを特定して広告を出せたりできるため、さらに細かくユーザーが求めているものに近い形での広告&リンク先を出せるわけです。これが21世紀の1対1マーケティング(SNSなど)を可能にしたのです。

しかしさらに自分が伝えたい対象を絞ることができれば、ユーザーに余計な残念感を与えなくてすみますし、私自身も変なストレスを抱えなくてよくなります。もちろん余計な広告費も減らすことができます。今はもうその道での実績も残し、リピート客も増え、GoogleやYahooで検索してもらえれば私の会社に直接検索結果としてたどり着くことができますが、やはりそれまではその状態を作るのに時間を費やしたものです。

その「伝えたい対象」としてハッキリ以下のように明記しています。


【対象者】
・これから投資を始めようと思っている投資初心者
・すでに投資を始めているが、思うような成果が出ていない投資家
・すでに投資をしていて、満足のいく投資成果が出ているが、もっと良い投資商品を探している投資家
(すべて投資金額は問題ではありません)

【対象ではない方】
・ 株のデイトレーダーで儲かる銘柄を探している方
・ FXのトレーダーで目先為替がどう動くのかを知りたい方
・ 利回りの良い不動産物件を探している方



もちろん今までデイトレードやFX、不動産投資をしていて、これからもっとちゃんとした投資をしたいと思っている方も対象にはなってきますが、そうでない方は残念ながら私のサイトに来てもらってもミスマッチということですね。

そして私のクライアントは年齢も様々、男女半々くらいで、職業も経営者、医者などを連想するかもしれませんが、主婦や不動産収入生活者、年金生活者、退職者、新卒で社会人になったばかり、大学院生など様々です。それでも私を介して資産運用をすることに意味があるから、私ととても良いアドバイザーとクライアントという関係でいることができています。

ネットでのやり取りばかりか?と聞かれれば、たしかに日本全国の方にコンサルティングをしているので、ネットと電話が中心になってはしまいますが、月に何件か面談も受けています。もちろんただの面通しのような、証券会社や銀行など広告費をたくさんかけている業者がしているように、なんでもウェルカムというわけにはいきませんが、本当に真剣にご自身の運用について考えているのであれば、いつでもお会いして相談に乗ります。こうして自分が本当に「伝えたい対象」を絞っています(もうここまで来ると単に伝えたいだけでなく、「なんとかしてあげたい対象」となっていますが)。

皆さんも相談する相手選びというのはとても大変な作業ですし、雲の中をかき分けるような作業ですが、変な業者に捕まらないように、検索する術、人を見る目を培っていきましょう。それがすべてにおいて今後は必要なスキルとなります。



今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー



こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング









tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1239-f7fc4e04

<< topページへこのページの先頭へ >>