スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

マネー避難 ~藤巻健史

2011-07-01
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー





藤巻健史さんの新書『マネー避難』を読みました。


マネー避難 危険な円預金から資産を撤退せよ!マネー避難 危険な円預金から資産を撤退せよ!
(2011/06/23)
藤巻健史

商品詳細を見る


藤巻さんのプロパガンダや過去の著書を読んでいると、今回も書いてある内容がかなり同じになってはいますが(笑)、今回は震災を踏まえて日本破綻についても言及しています。

さらにそこから個人投資家が今後すべきことは外貨分散投資(できれば米ドルだけでなくその他の資産も)だちハッキリ明記しています。藤巻さんもそうだそうですが、よく教科書に預金:不動産:有価証券(株、投信など)=1:1:1と書いてあることがありますが、これが日本の円預金、日本国内不動産、日本株&日本円建て投信だと為替としてはまったく分散になっていなく、日本円が円安になった時、一気に損をすることになります。ちなみに藤巻さんはいつも円安論者ですが、震災後はさらに国家破綻とともに円安の可能性が高くなったと明記しています。

さらに今あるのが原発問題。もし原発問題が深刻化し、東京にも人が住めないような状態になった場合、東京で不動産投資をしている人、もしくは東京や東北地方で自宅を30年ローンで購入している人は、借金だけ残って、その不動産や土地の資産価値はゼロになります。自分たちも含め、誰もすこに住みたいと思わないので、貸すにも貸せない、売るにも売れないのです。

藤巻さんは元ディーラーですが、金融の世界も人生もすべて同じく、リスク回避には分散しかないのです。為替分散、資産分散、不動産も地理分散、転職のために色々なスキルを磨いておく、言語も日本語、英語だけでなく中国語などもしておく、などです。

そしてこの本の最後はやはり「円安政策」こそが日本経済を立て直す唯一の方法、ということで終わります(笑)。金融や経済の勉強をしたい方、さらに今の日本の問題を正面から向き合いたい方にオススメです。



こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング






tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1511-842958d4

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。