スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ギリシャ破綻(デフォルト)後の影響

2011-09-14
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール



ギリシャが破綻(デフォルト)寸前である。2年国債の利回りは70%になり、CDSは100%という状態。

ギリシャが破綻するとして想定しておかなければいけないのが、これが欧州各国に与える影響である。日本やアメリカなどはあまり欧州のギリシャなどのような国の国債を保有するということは少ないが、欧州の金融機関はギリシャ国債を保有している。

以下が仮にギリシャが破綻した場合、またギリシャ+ポルトガル+アイルランドが破綻した場合の各国金融機関の損失率(対自己資本)である。


     ギリシャ 3カ国
ベルギー:3.5% 27.7%
フランス:6.1% 13.6%
ドイツ:5.5% 32.1%
イタリア:0.8% 3.4%
日本:0.1% 1.4%
アメリカ:0.3% 1.9%



日本は少ないように思えるが、それでも3メガ銀行だけで1.9兆円は保有している。このような重債務国(ギリシャ、イタリア、アイルランド、スペイン、ポルトガル)を合わせてPIIGSと呼んでいるが、これらの債務が貸出額の1%だという。

第2のリーマン・ショックと言われるギリシャ破綻にどう備えるか。できることは今のうちだけですよ。





こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1692-97728fec

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。