スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

オフショア投資(海外投資)業者選びのポイント

2011-10-13
ここでは皆さんがオフショア投資をする際、直接コンタクトを取ることになる業者を整理しておきます。主に皆さん日本人の個人投資家が関係する人たちを以下の図にまとめました。

IFA.jpg



投資の仕方としては3つの業者の選択肢があります。

・ 日本のIFA(=投資助言業)
・ 香港、シンガポール、スイスなど海外のIFA
・ 日本、香港にいる紹介業者&個人


※ ここではIFA(Independent Financial Advisor)を直接オフショアファンド会社と契約を交わし顧客に紹介する業者と定義します。

まず日本のIFAですが、これには日本では投資助言業(金融庁)というライセンスに登録必要があります。さらにオフショアファンド会社とのデューデリジェンス(企業調査)の結果、ファンド会社が認めた業者がIFAになります。

次に香港など海外のIFAですが、彼らは日本の金融庁ではなく、それぞれの国の金融庁に登録をしています。国によって法律は違うので、どのような形態か(投資助言業、証券業、銀行業など)はそれぞれです。日本に住む日本人の個人投資家が投資をする際には、彼らは彼らの国の法律でしか規制されていませんので、この場合はご自身で自分の身を守らなければいけません(日本の金融庁は関与できません)。

最後にこのどちらにも該当できなかった業者が紹介業者となります。彼らの多くは投資助言業などのライセンスを取得するのが困難(金銭面、キャリア上)であるため紹介業者となっているケースが多いですが、中には投資助言業を有していても、オフショアファンド会社とのデューデリジェンスに通らなかったため、紹介業者をしているケースもあります。また法人形態でもなく、個人で紹介をして紹介料をもらっている人たちもいます。この場合も日本の金融庁に登録している業者ではありませんから、皆さんは自分の身は自分で守らなければいけません。また直接オフショアファンド会社とやり取りをしていないため、ただの紹介をするだけの業者だという認識をしなければいけません。要はアドバイザーではありません。ただの斡旋業者ということです。そのため金融業界のキャリアがない業者が多いです。

この関係をよく理解した上で、ご自身のスタイルに合った業者を見つけましょう。



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1761-c9d4badf

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。