スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

本当のニーズとは消費者もわかっていないもの

2011-11-08
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

河合投資塾バナー





今、スティーブ・ジョブズの伝記を読んでいてやはり思うことは本当のニーズとは消費者もわかっていないものということです。


スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I
(2011/10/25)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る


Appleを見ればわかるように、私達はiPodやiPhone、iPad、iMac、iCloud、iTunesの使い勝手が良く、持っていてもファッショナブルな商品は我々が求めたから出てきたものではありません。明らかにスティーブ・ジョブズが自らの世界観、価値観から生み出したものです。MP3というものが世の中にあり、Napsterでファイル交換を出きた時、私はIO-DATAのMP3プレイヤーを使っていました(2000年頃)。当時SONY製品もPanasonic製品もMP3プレイヤーに参入していない時はなぜかと思っていましたが、AppleがiPodとiTunesを出してきたことで、一気に大衆が受け入れるものとなりました。iPhoneなど正直想像もしなかったことですし、iMacは使ってみればすぐにWindowsなど使いたくなくなります。難しいというイメージなどすでに過去のもので、Macの方が簡単だからです。

これを自分のビジネスに置き換えると、投資家が何を求めているかは投資家自身がわかっていません。これは10億円以上のお金を持っている方、数百万円の資産しかない方、貯金がほとんどゼロの方に共通しています。もちろん10億円以上の資産がある方はそれなりの本業、バックグラウンドがあって、そうなっているわけですが、それはあくまでも「投資」という世界とは違う話。外資系IB(M&Aアドバイスをするとことろ)の社長とも親しくさせてもらっていますが、会社を売買したり、企業価値を上げることのアドバイスはできても、自分の資産運用となると素人です。

結局、一番知っているのは自分自身。しかも日本という小さなサイズではなく、世界という限りなく広い選択肢の中からアドバイスできるのは自分しかいないのです。それを一から「毎月分配型とはこういうもの」と言っていた所で、消費者(この場合投資家)が自分のニーズを私に言えることなどまずありません。あったとしてもどこか勘違いしている、もう自分の相場観や考えが固まってしまっているので、私は敢えてそれを正さないという状況です。だから彼らは結局のところ導いて欲しいのだろうと思います。ただ導かれる過程で、そのまま鵜呑みにしていては「騙されるのではないか」と思ったり、「英語・・・」というだけで偏見を持って億劫になったりします。私にできることはあっても、「答え」を押し付けることはできない、というよりしたくないので、この時点で私は離れます。結果、一定割合が「答え」にたどり着き、意味のある資産運用をしています。

経営者として私が自分自身に言い聞かせることは、自分の見ている世界と正しいと思う情報をわかりやすく伝えることです。おそらく私が一生していくことはただそれだけだと思います。その情報量が多くなっていったり、エンド商品の選択肢が広がったりという程度で、やることはただそれだけだと思います。不思議なものです。社会に出ているものはまったく同じで、同じ時間を使って同じ物事を見ているのに、スティーブ・ジョブズが見ている世界とビル・ゲイツが見ている世界が違うように、投資の世界でも皆違うのです。けれど私はビル・ゲイツではなくスティーブ・ジョブズでありたいと思うことには自信があります。また投資アドバイスの世界ではそれができるとも思っています。




こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング












tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/1817-77910ce2

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。