スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

日興グラビティ・ファンド 〜日興SMBC証券

2012-08-20
mailmag_banner.jpg









本日は日興SMBC証券の新商品『日興グラビティ・ファンド』をご紹介します。


※過去ブログで一度も紹介していないファンドはこちらのブログで。過去1度でも書いたことがあるファンドに関しての最新情報は私の『最新個別ファンド情報有料メルマガ』にてご紹介していきます。

『最新個別ファンド情報有料メルマガ』の詳細はこちら


まずはこの商品名となっている「グラビティ理論」から。この理論は第1回ノーベル経済学賞の受賞者であるヤン・ティンバーゲンが提唱したもので、「2国間の貿易量は、経済規模が大きく、距離が近いほど大きくなる」という理論です。

そして今回の隣国というのがアジアの諸国。日興の数字によると2030年にはその他地域と比べ、GDP規模が大きく飛躍するそうです。それはやはり人口(特に労働人口)が大きいことと、経済成長とともに彼らが中間所得者層になることによって、大きな消費者となるからでしょう。

グラビティ

そしてそれに伴い、世界から資金が集まっています(直接投資)。この直接投資は金融投資もですが、工場を作るなどの事業投資も含まれています。

グラビティ1

こちらが先程も書いた中間所得者の数。

グラビティ2

そして彼らの消費額の予想推移です。

グラビティ3

そして過去10年間の貿易額の伸びと株価上昇率を分布図にしたものがこちら。日本、台湾、香港など伸び率、株価上昇率ともに低いことがわかります。逆に高いのがインドネシアやインド、中国、タイということがわかります。

グラビティ4

最後にこのファンドの投資先ポートフォリオがこちら。なぜか日本が1位。その後中国、韓国、香港、台湾となっているのが、上記数字と矛盾していることがわかります。今後はそちらの方が伸びるということでしょうか?それともグラビティ理論の上で、上位諸国がお互い相乗効果を発揮しているということでしょうか?なんとも言えません。

グラビティ6

考え方は新しいものを取り入れてはいますが、結果が出ていない限りは今までのアジア株ファンドとの違いがまだわからない、ということでしょうか。むしろ日本株が入っている分、不安が残ります。



あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2360-0c476739

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。