野村高配当インフラ関連株プレミアム(通貨選択型) 〜野村證券

2012-10-03
mailmag_banner.jpg





本日は野村證券の新商品『野村高配当インフラ関連株プレミアム(通貨選択型)』をご紹介します。


※過去ブログで一度も紹介していないファンドはこちらのブログで。過去1度でも書いたことがあるファンドに関しての最新情報は私の『最新個別ファンド情報有料メルマガ』にてご紹介していきます。

『最新個別ファンド情報有料メルマガ』の詳細はこちら


まずこのファンド、以前野村證券が募集していた『野村日本高配当株プレミアム(通貨選択型)』と酷似しているので、まずはこちらからご覧ください。

そして今回のファンドの違う点は投資対象先が

・世界のインフラ関連株

になっただけです。

今回の金利分の収入は以下のとおり。

インフラ関連株配当:4.6%
プレミアム収入:4.2%
為替プレミアム収入(通貨セレクトコースのみ):6.9%


そのためこれを合計すると(通貨セレクトコースの場合)、15.7%もの金利がついてきます。円ヘッジした(為替リスクがない)状態でも8.8%。あとは投資先の株が上昇するか下落するか、ということになります。

こちらが対象先のポートフォリオ。

世界高配当インフラ4

過去のチャートはこちらのとおり。過去のチャートは良い数字ばかりが出てくるので(だから商品化している)、あまり参考にはなりませんが、これを見てハッキリ言えるのは、世界の株、もしくはそれ以外の伝統的資産(株、債券、不動産など)と値動きが連動してるということです。分散投資の先にはならないということですね。

世界高配当インフラ2

こちらがプレミアム部分の解説。前回のファンドのとおりですが、理解が正直難しいと思います。わからない方は投資をしないでください。

世界高配当インフラ3

世界高配当インフラ6

最後に「円コース」と「通貨セレクトコース」を選ぶのですが、「通貨セレクトコース」のポートフォリオがこちらのとおり。これだけリスク(上下のブレ)の高い新興国の通貨で構成されているから、これだけ高い金利収入がもらえるということですね。上記投資対象先(世界インフラ関連株)に加え、これも投資のリスクとなってきます。

世界高配当インフラ7




あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2430-2c4c9d2a

<< topページへこのページの先頭へ >>