サイエンティフィック・エクイティ・ファンド(愛称:ザ・アメリカズ・ロングショート) 〜SMBC日興証券

2012-11-14
mailmag_banner.jpg






本日はSMBC日興証券が募集している新商品『サイエンティフィック・エクイティ・ファンド(愛称:ザ・アメリカズ・ロングショート)』をご紹介します。


※過去ブログで一度も紹介していないファンドはこちらのブログで。過去1度でも書いたことがあるファンドに関しての最新情報は私の『最新個別ファンド情報有料メルマガ』にてご紹介していきます。

『最新個別ファンド情報有料メルマガ』の詳細はこちら


こちらのファンドの特徴は以下の3つ。

1)ヘッジファンド(ロング・ショート戦略)
2)北南米株へ投資


まず1)ヘッジファンド、ロング・ショート戦略についてはこちらをご覧ください。

ヘッジファンドについてはこちら

ロング・ショート戦略についてはこちら


そして今回のヘッジファンドは北米だけでなく南米(新興国)にも投資をしています。内訳がこちら。

サイエンティフィック

そしてロングとショートのポジションがこちら。ほぼ半々です。ただしこれがずっと続くわけではないので、将来どうなるかはわかりません。

サイエンティフィック2

ヘッジファンドの特徴にもあるように、ロングとショートをするということは、当然通常の株式投資よりはリスクは低くなります。これがリスク=リターンの分布図。ただし期間はたった半年の話です。

サイエンティフィック3

その半年間での成績。これは短すぎて正直あまり参考になりません。この結果からこのファンドがいいかどうかはまだなんとも言えないです。

サイエンティフィック4

ヘッジファンドを選ぶ際の第1のポイントは過去の成績が良かったかどうか。ロングもショートも取れるわけですから、相場環境は関係なく、要は100%ヘッジファンドマネージャーの腕次第だからです。だから過去の成績を見ればそのファンドマネージャーの腕がいいのか悪いのかはすぐにわかることになります。

ただし国内にはヘッジファンドの選択肢が極端にありません(設定しても証券会社の勧誘による回転売買により、すぐに資産残高が減ってしまうため、ヘッジファンドが設定したがらない)。ヘッジファンドに投資をする際には海外(オフショア)へ直接投資をしましょう。

『オフショアファンド入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

海外のヘッジファンドについての個別相談はこちら(無料)


tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2536-e61a7aee

<< topページへこのページの先頭へ >>