私の生きる道

2012-12-12
これは完全なる独り言です。投資ともまったく関係ないので、軽く読み飛ばしちゃってください。

巷にはマスコミ、広告などを通して、企業や政府の意図することを見たくもないのに見せられることが多いです。そういうところの文言はキャッチと呼ばれる、わざわざ誰でも簡単にわかるような文言でシンプルに誇張して書かれています。

私のビジネスでいうと、

「日本人に正しい金融リテラシーを広める」
「銀行、証券会社の泥沼投資から助け出す」
「日本国家が破綻する前に海外へお金を逃避させる手助けをする」


など言おうと思えばいくらでも言えるしどれも嘘ではないのだけれど、私が一番気になってたのは本当にそれが「日本人」だからなのか?ということ。要は日本人だからそうしてあげたいのか?と聞かれたら正直そうではありません。

日本人は日本語しかわからないから、日本語で日本人に対しマーケティングをすると、このような文言になるだけで、実際は日本人だから助けたいわけでも、日本人だけにサービスを提供したいわけでもない、ということです。

さらに言うなら、日本人なら誰でも助けたいわけでもありません。自己責任をわかっていない投資家は残念ながら私からアドバイスをできることもないですし(敢えて言うなら「投資を止めてください」だけ)、相手を尊重できない方はできれば証券会社や銀行の窓口で自由に自分のワガママを言ってください、と思います(銀行員、証券マンがかわいそうですが)。

結局、私が何をしたいかというと、本質は・・・

「困っている人を助けたい」
「私を必要だと思ってくれる人を助けたい」
「目に見えていない落とし穴を教えてあげたい」
「知らない世界があるのだということを教えてあげたい」


ということでしょう。またこれを実現するには・・・

・ホームページ、書籍、DVD、メルマガ、Podcast、動画(Youtube)、アプリなどでできるだけ多くの方に無料(もしくは安価)で情報を提供する
・できるだけシンプルに誰でも理解しやすいようにまとめる
・これらを長く維持するためにビジネスの維持コストを低くする


ということを着々としていく事だと思います。一晩でできることでも1年でできることでもないと思います(できることはしていきますが)。これを長く育て、横へも広げていくことで、どこかで誰かを助けることに繋がるでしょう。今はこれを日本など限られた地域だけでしていますが、これをグローバルに、また金融以外にもしていくことが今後していくことでしょう。

長い独り言でした。。










tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2595-e513aa78

<< topページへこのページの先頭へ >>