スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

安く買って高く売る

2013-01-10
投資ですることは一つだけ(信用取引を除き)。

「安く買って、高く売る」

たったそれだけだ。しかしこの簡単なことをできない投資家が多い。

例えば今、日本株が円安によって上昇している。上昇しているということは株価が高くなっている。高いなら売る。だから儲かる。

逆につい先日まで円が80円をきっていた時。株価は安かった。その時に買ったかどうか?私が見ている限り、多くの日本人投資家は買えていなかった。米ドルも買えていなかった。しかし高くなった今買おうとする。

もう一つ言えることは、そもそも現金を持っていたわけではない、ということ。すでに投資している投資家が多く、そういう人ほど投資に関心がある。何もしないでくよくよしている人より私はよっぽど好きだが、その投資家たちはなぜか目的が、

「自分の買った値段よりも高くなること」

に変わっている。最初に書いたように投資ですることは一つ。「安く買って、高く売る」「自分の買った値段よりも高くなること」ではない。つまりこのような考え方をしている投資家は、高い時に買った場合、そこからさらに高くならないと売れないことになる。それはどんな相場か?レンジ相場や今のデフレ下の日本相場ではなく、新興国や米国の株のように過去最高値を抜いていくような経済環境での投資になる。

日本株のような相場では、高いところで買った時点でもう投資で勝てないことは決まっている。だから自分が買った価格になったら売ってそのまま現金で持っていることからまともな投資が始まる。そしてまた安くなる時に買う。そこでやっと儲かる投資ができるようになるのである。

これができない理由は2つ。


1)売ったらすぐに何かを買いたくなる
この投資家は現金で寝かしておくことが機会損失だと勘違いしている。しかし投資をして下がったらそれは機会損失でもなんでもなく、資産がマイナスとならなかっただけ実質プラスリターンである。

2)売ったらすぐに証券会社に次のセールスをされる
人になびいている投資をしていたら、それは本当の投資ではありません。単なる商品を買う消費者。買うか買わないかを選ぶだけ。もしくはどの商品を買うかを選ぶだけ。


今、日本株が高くなっています。円安になって海外関連のファンドも上昇しているでしょう。この時に何をするか?もうおわかりですね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2634-8a99e06a

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。