スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

DWS ロシア・欧州新興国株投信 〜野村證券

2013-03-19


本日もかなり古いファンド、私も野村證券にいる時に販売していたファンド『DWS ロシア・欧州新興国株投信』です。

※過去ブログで一度も紹介していないファンドはこちらのブログで。過去1度でも書いたことがあるファンドに関しての最新情報は私の『最新個別ファンド情報有料メルマガ』にてご紹介していきます。

『最新個別ファンド情報有料メルマガ』の詳細はこちら

このファンドの特徴は一つだけ。

ロシア・東欧の株式へ投資

いたってシンプルです。まずはこのようにまだまだ発展途上の段階だということを過去の日本のGDPから見てみましょう。

スクリーンショット 2013-03-19 10.14.36

次に各国のGDP成長率。年々増えていくことが予想されていますが、%はそれほど高くないです。4%未満。

スクリーンショット 2013-03-19 10.15.01

次に国ごとに見ていきます。まずロシア。ロシアはやはり原油、天然ガスがネックとなっています。それにより後ほど出てきますが、原油価格(WTI)とロシア株価が連動しています。

スクリーンショット 2013-03-19 10.16.04

次に東欧諸国(チェコ、ハンガリー、ポーランド)。一言で言うとまだまだなのですが、東南アジアと日本&中国、アメリカとメキシコ&カナダがそうなように、地理的にEU圏と近いため、貿易、経済などでも密接に関わっています。

スクリーンショット 2013-03-19 10.16.22

賃金水準と法人税がこちら。いずれも低いので、EU圏の労働排出国という位置づけですね。しかしそのEUの調子が悪いので、なんともこの地域も優れません。

スクリーンショット 2013-03-19 10.16.40

次にトルコ。トルコは労働人口がたくさん。労働人口が多いというのは国としては強みで、消費もどんどん増えていきます。日本のように非労働人口が多いと、彼らは消費しませんので、経済が強くなっていきません。

スクリーンショット 2013-03-19 10.17.00

次に各国の株価指数です。金融危機までは良かったのですが、それ以降はまだまだ立ち直っていません。

スクリーンショット 2013-03-19 10.17.17

為替がこちら。対円に対してはやはり同じように動きをしていて、今なお円高の状態です(投資家にとっては円安になったほうがいい)。原油とロシア株が連動しているというのもこちらからわかります。

スクリーンショット 2013-03-19 10.17.48

このファンドの投資先国がこちら。ロシアが大部分を占めています。

スクリーンショット 2013-03-19 10.19.23

そしてこちらのファンドの設定来のチャートがこちら。一時は良かったんです。しかしリーマン・ショック後、まったくさえません。この地域の株価自体が冴えないこともありますが、ベンチマークであるMSCI EMヨーロッパからも大きく下回っていることから、このファンド自体の運用がうまくいっていないことがわかります。

スクリーンショット 2013-03-19 10.18.52

地域としても今はふさわしくない、ファンドとしてもぱっとしない、というファンドですね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2762-8b003357

  • -[]
    管理人の承認後に表示されます
[2016/12/05 16:24]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。