ダイワ・ライジング・アセアン株式ファンド 〜大和証券

2013-04-04


本日は大和証券の新しいファンド『ダイワ・ライジング・アセアン株式ファンド』のご紹介をします。

このファンドの特徴は1つだけ。

・ASEAN諸国の株へ投資をする

具体的にはこのような国へ投資をしています。

スクリーンショット 2013-04-04 13.36.32

あくまでも個人向けのファンドなので、ミャンマーなどのように上場株でないところへは投資できません。

こちらがASEAN諸国への直接投資額とGDPの推移。GDPはいずれも4~6%前後と大きな数字となっています。シンガポールだけすでに先進国の仲間入りしているような形になってますね。

スクリーンショット 2013-04-04 13.32.11

それでもまだまだ発展の余地が大いにあります。数字よりも実際に行かれた方がよくわかりますね。

スクリーンショット 2013-04-04 13.33.09

貿易額も増えています。地理的にインド、中国への物流がここASEANを通貨するようになっているので、それによって成長が押し上げられています。

スクリーンショット 2013-04-04 13.34.59

インフラ整備もまだまだです。国内へのインフラ投資だけでもかなり上の余地があります。

スクリーンショット 2013-04-04 13.35.33

最後に株価。このように近年だけでもアジア通貨危機、金融危機などがありましたが、それでも株価はアウトパフォームしています。定期的にこのような大きな下げがあると思ったほうがいいですが、それでも長期で持っておけば十分なリターンをまだまだ取れるものと思います。

スクリーンショット 2013-04-04 13.36.01

あとはこのような一括で投資するファンドにするか、積立投資という形で投資をしていくか?という選択ですね。一括ですればその後は丁か半か。上がるとは思っても確率は1/2(50%)となります。これを積立投資という形にすれば、ドルコスト平均法が使え、購入するタイミングを分散することができます。

積立投資についてはこちら

ドルコスト平均法についてはこちら



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2796-5ffff896

<< topページへこのページの先頭へ >>