日興JPM環太平洋ディスカバリー・ファンド(愛称:TPパワー) 〜SMBC日興証券

2013-04-16


本日ご紹介するのは日興証券の新商品『日興JPM環太平洋ディスカバリー・ファンド(愛称:TPパワー)』です。

このファンドの特徴は1つだけ。

・環太平洋地域の株へ投資

こちらが投資先です。

スクリーンショット 2013-04-16 16.01.47

アメリカ、日本だけで42%なのでかなりの比率を占めます。新興国では中国、香港、インド、韓国、インド、ブラジルなどが入ってきます。

なぜ環太平洋地域なのか?中国、ブラジル、インドなど発展著しい国があることと、それに呼応して日本、アメリカが連れ高になることを期待して、のことです。

こちらがアジア・オセアニア地域の国のGDP成長率。すでに見慣れた数字ですが、日本以外の新興国は高いです。同時に所得が増えてきて、今度は消費国としての存在感を出してきます。

スクリーンショット 2013-04-16 16.00.34

南米はこのファンドはあまり投資していませんが、同様に発展しています。

スクリーンショット 2013-04-16 16.00.54

ということで、お互い輸出をしあって輸出額も増えています。

スクリーンショット 2013-04-16 16.01.13

最後にこのファンドのシミュレーションの結果です。あくまでシミュレーションですが、米ドルベースでやっとリーマン・ショック前の水準を抜こうというところです。分散している分、なかなか重い動きをしていますね。

スクリーンショット 2013-04-16 16.01.23

結論、環太平洋地域はたしかに重要なポイントだとは思いますが、まとめて投資をしようと思うと広すぎるくくりです。もう少し地域や国を絞って投資した方がいいですね。


mailmag_banner.jpg



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2819-121ed87f

<< topページへこのページの先頭へ >>