ミャンマーへ出発(ANA直行便)

2013-05-10
ミャンマーへの旅をご紹介します。私は2度めのミャンマーですが、今はANAの直行便があります。というか直行便はANAしかないので、経由しないで行きたいのであれば、必然的にANAとなります。

そしてこのANA直行便、すべてがビジネスシートとなっている特別仕様機です。

myanmar出発

myanmar出発1

myanmar出発3

片道7時間くらいのフライトですが、これだけ広いとゆったりなんでもできます。私はGWもミャンマー正月も外して取ったので、15万円くらいでした。4月の便が経由便、往復で12万円くらいだったと聞いているので、時期を外せば全然高いことはないでしょう。ただ広いということ以外、料理もドリンクもエコノミーと変わりませんので、期待しないでください。サービスの点からいうと乗客が少ない分、呼んだらCAさんがすぐに来てくれるということくらいでしょうか。

ヤンゴン市内は空港からもそれほど離れていません。道路もある程度整備されていますが、それ以上に車が急激に増えていることから、渋滞は比較的あります。ヘタすると1時間ほど市内だけで動けなかったり。

ヤンゴン市内の一番の名所?がここアウンサンスーチーさん宅でしょう。私も7年前、まだ彼女が軟禁されている時に来ましたが、その時はこの道自体が何人もの銃を持った軍兵がいて、横切ることはできますが、車を止めたりカメラを出したりということは決して出来ませんでした。それが今やこうして家の前で写真を撮れるようになったのですから、それほど政治情勢が変わったということですね。

myanmar出発5

上に写っているのはアウンサンスーチーさんのお父さん。ミャンマーに軍を作った本人で、その後部下のクーデターにより殺されてしまいました。その部下の一派が今もなおトップにいて、ミャンマー政治を牛耳っているので、ミャンマー国民は娘であるスーチーさんに期待を寄せているということです。



中小企業の海外進出&口座開設はこちら
    ↓↓↓↓↓

shinshutsu.jpg






tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2865-ffd66293

<< topページへこのページの先頭へ >>