スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

人は変われるのか?

2013-07-23
本日は全然関係のないところからの話。初代ガンダムシリーズの6話目を見ました。


機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 6 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/22)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る


今回のテーマは「人は変われるのか?」。ガンダムシリーズでは毎度テーマになることです。地球連邦軍は地球から宇宙を支配するという考えを変えられるのか?コロニーは自治権を持って地球から支配を受けるということを嫌い、独立を主張し続けるのか(ジオン軍、ネオ・ジオン軍)?

かつてシャアは父ジオン・ダイクンの思想とザビ家のコロニー独立という考えを受け継ぎ、それでも人は変われると、地球連邦も変われると思い、(手段には問題があるけれど)コロニー落としなどでそれを変えようとした。ニュータイプという人の革新を信じ、ニュータイプが世界をリードすることに希望を抱いた。

今回のガンダムUCのフル・フロンタル(シャアのクローンと思われる)はまた違う。そもそも人に革新を求めても変わらない。絶望の先にコロニーでの経済圏設立を目指す。つまりEU圏のように地球は蚊帳の外に置き、コロニー圏だけで経済が成り立つようにする。そうすれば自ずと地球連邦は支配をしようにもできなくなるし、その経済圏に参加させてもらわなければいけなくなる。変えられないのであれば、不干渉にしようというものである。

私は正直、この考えに賛成。人は変わらないと思う。小さなことは変えられても、それが国家単位、ましてや20億人もいる(20億人に減ってしまった)地球の人間の意識を皆変えることなど不可能だと思う。しかしここに出てくる主人公のバナージ・リンクス、ミネバ・ザビ(ザビ家の唯一の生き残り)は、ガンダムUCに乗っている時に感じた人の繋がり、優しさに希望を持つ。人に期待しなくなったシャア(フル・フロンタル)を否定する。

たしかに私も昔はそうだったような気がする。人や社会は本当に変われると信じていた。しかしそれは自分が変われる段階の子どもだったから。まだなんとでも変われる、成長しないと社会で生きていけない時だったから。それが大人になり、知らないうちに絶望の先に行ってしまったような気がする。フル・フロンタルのように。

おそらくこの問答に答えはないと思う。答えがあるとすれば、個々人レベルであれば変われるが、社会を根底から変えようと思うとよっぽどのこと(ナチの一党独裁、共産党の毛沢東のように)がないと変えられないのだろう。現に日本で震災があったが、何も変わらなかった。結局皆、自分の身を守るだけが目的となって、変革など求めていないことが証明された。

けれど自分を含め、変えられないと思って生きるよりも、変われる人間もいると思って生きたほうが生きがいがある。その方が希望のある楽しい人生だと思う。すべてを変えようなどとは思わなくていい。自分と自分の大事な人間だけが良い方向へ変わっていければ十分なのである。




ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村














tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/2994-874973da

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。