リスク(ボラティリティ)とは?

2013-08-02
今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg




投資(資産運用)をする際によくある誤解の一つに「リスク」の考え方があげられます。先に答えを書くと、

「リスクとは上下のブレ(ボラティリティ)がリスクであって、下に下がることがリスクではない」

ということです。

例を挙げて説明しましょう。

年平均リターン:20%
年平均リスク:25%


という資産があるとします。データを取る期間にもよりますが、良い時期の新興国、もしくは積極投資型のヘッジファンドがそうでしょう。

ヘッジファンドについてはこちら

これは一年間の平均リターンが+20%で、ここから上下25%ずつブレるということです。「ずつ」というのがポイントですね。つまり20%から上に+25%ブレると+45%。逆に下に-25%ブレると-5%。これがリスク(ボラティリティ)です。

金融の世界ではこの確率が約66%(正規分布)と言われていて、残り34%の確率でそれよりも上と下になるということなります。投資家からすると上(+45%以上)にブレることはいいことなので気にしないとすると、残り半分の確率(17%)で-5%よりも下回るということを気にしないといけません。

ここまで理解できれば、あとは元々のこの年平均リターンが高く、年平均リスクの低いものを選べば、比較的良い投資ができるということですね。これは各ファンドの資料を見ていきましょう。資料を見てもここが書かれていないものに関しては、データを基に分析できないので、そもそも投資をするのはやめておきましょう。



ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村












tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3017-0629f185

<< topページへこのページの先頭へ >>