スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

マイホーム保有者(ローンにて)が必ずしておかなければいけないこと

2014-03-01
最近は少子化と核家族化で少ないですが、ローンを組んでマイホームを購入するという人たちがいます。この社会は20代、30代で3000万円とか5000万円のマイホームを購入できてします。そんなに貯蓄があるのでしょうか?そうではないですね。住宅ローンです。

住宅ローンとはどのようなものでしょうか?低金利で数千万円ものお金を貸してくれる便利な仕組み。事業資金と違い、住宅や自動車を購入する場合だと、やたらと審査が楽に借りることができます。ではなぜそんなに簡単に貸してくれるのでしょうか?


今の勤めている会社に一生勤め、その会社が終身雇用で面倒を見てくれるから?
不動産価格が上昇し、最悪土地と家を売れば住宅ローンが返済できるから?



いずれも誰が聞いてもおかしな話ですよね(笑)。どれもむしろありえないと言える内容ですが(笑)、ではなぜ銀行はそれほど簡単にお金を貸してくれるのでしょうか?答えは日本という国が簡単に融資(ローン)できるように仕組みを作ってるから。

住宅ローンを借りる際は近くの銀行ですが、その後ろには住宅政策金融機構や日本住宅ローンなどの政府関連機関があります。要は官僚の天下り先ですが、これらの機関に国が税金を使ってたくさん資金を供給しているから、どんどん貸すことができます。当然、彼らの融資の意思決定においても国は力を持ちます。「景気を良くする」ために、住宅ローンをどんどん使ってもらって、住宅メーカーを儲けさせようということですね。国が行っている景気を良くする政策というのは、35年分のGDP(国内総生産)を前借りして作り出しているだけなのです。今、この時代で生きる人達が潤うためだけに。

さて借りる側の皆さんは、これをメリットとするかデメリットとするか?少ない所得でも簡単に借りられる住宅ローンは、マイホームを夢見る家庭にとってすごくメリットのように見えます。しかし20代、30代でいきなり3000万円、5000万円の借金(負債)ができるわけです。それでは会社を簡単に辞めることもできないですね(笑)。

さてこの場合、どのような家計の状況になるでしょうか?住宅ローンを返済してもそれ以外にお金を使うために(教育、娯楽、老後など)、しっかり貯蓄もしないといけません。もちろん普段の生活費も必要ですから、その中で毎月いくらか残して貯蓄しないといけません。

ではその貯蓄はどうしているか?日本人の多くが銀行や財形で貯蓄しています。日本の銀行はあなたのお金(円預金)で日本の国債を購入しています。そして銀行はそこで生まれる金利(といっても今はほとんどありませんが)の一部を自分たちの収入とし、残りを皆さんに与えます。ここで問題なのは、あなたの資金が日本の国に常に背中合わせになっているということです。住宅ローンで5000万円の借金をして日本の土地と家を買い、残ったお金も日本国に預けている。1000兆円の借金をしている借金大国日本にです(もし生命保険をかけていればそれもまた日本国債という資産の一部)。

リスクは「分散」することでしか避けることはできません。ここで住宅ローンを抱えているあなたの人生は、まったく分散がされていないことになります。日本という国、日本円という通貨。いずれも「何かが起こる」時のために分散しておかねばなりません。整理すると以下の資産に分散しないといけません。


・外貨(米ドルなど)
・外国の銀行預金(海外銀行口座)



といっても外国に住まない限り、土地や家を分散することはできませんから(なお海外で日本人が住宅ローンを借りるのはとても難しい)、残った現金を分散するしかないのです。しかし住宅ローンを設定してくれる銀行ではそんなこと教えてもらえません。だってその銀行から預金がなくなるということですからね(笑)。そして住宅ローンと抱き合わせでそこの銀行に給与を預けたら最後。もう日本やその銀行から逃れることはできません。

うまくこんな社会の仕組みを作ったものですが、そこで諦めるわけにはいきません。だって自分の人生がかかっているわけですから、なんとかしないといけません。

しかしどうしたらいいかわからない。そんな時にはこの呪文を唱えましょう。そうすればすぐに楽になります。

「みんながそうしてるから大丈夫だろう。」





あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3118-1b8fb84b

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。