スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

世界の金融という仕事

2014-07-14
香港にいると、たくさんのオフショアファンドのマネージャーと会うことができ、彼らと話をすると実に世界の金融という世界を知ることができる。

まず私が日本にいて、2004年に野村證券で働き出した時は、個人投資家のお金を引っ張ってきて、それを何かファンドに(今思うとどうでもいい丁か半かのファンドばかり)投資をしてもらうことで、コミッションをもらう。そしてひたすらそのファンドなりを売買することで、永続的にコミッションが入るようにあくせくするというものだった。けどそんなのは世界から見たら本当にどうでもいいしょうもない世界だということに気付かされる。

本来金融というものは「お金を融通する」というもの。事業投資(ビジネス)や金融投資(株や債券など)があって、そこでお金が必要なところに投資家の資金を調達し、引っ張ってくるのが金融の仕事である。お金を借りたい、資金調達したいという人間は世の中いくらでもいて、お金がない人ほどお金を必要とする。そして欲だらけの投資家は、そういった嘘っぱちな安易な投資案件に手を出し、詐欺として当然のように失敗する。

しかし一方で、世界には使い切れないお金を持った人たちがたくさんいる。日本の中の誰?と考えるとまた間違った思考になるので、それもやめてもらいたいのだが、王族やアジアの石油富豪、ファミリーオフィスを使うような人たちがそうなのだが、彼らは決してお金を増やしたいわけではない。けれど、彼らは日本人のような一般の人間よりもすべてにおいてプライオリティの高いポジションにいるので、当然のようにお金を増やす手段を持っているのだ。それは年数%(一桁)というレベルでなく、年数十%(二桁)というレベルの話しである。

さてここでファンドの話になる。ここでも何の技術もない丁か半かの運用をするような日本国内のミューチュアル・ファンド(投資信託)は忘れてもらって、オフショアファンドと呼ばれる日本やイギリス、アメリカなどのような大国に規制を受けず自由に運用をでき、税金0で資産を増やしていけるファンドである。これらのファンドの対象とする投資家は世界中の投資家。日本にいようとイギリスにいようと関係ないし(アメリカは国の力が強すぎて別扱い)、もちろんそれ以外の途上国(香港、中国、ラテンアメリカなど)にいようと関係ない。誰もが自分の意志で投資できるのだが、彼らはあくまでも一般の個人投資家。ある資産は限られるし、事業投資もそれほど大きなものではない。つまりは投資の世界においてはアマチュアの投資家である。彼らをプロの投資商品であるオフショアファンドに投資できるようにするには、

・流動性(毎日、毎週、毎月売買できること)
・最低投資額を下げる(USD 10,000など)
・分別管理(カストディアン)、監査、Administratorなどの機能をつけファンドスキームにする
・Factsheet(運用レポート)などのような定期的報告


などが最低限必要になる。

これはまた数十%の運用をするというノウハウ以外に必要となる技術である。このファンドレイジング(組成)の技術をもって、初めてプロ投資家向けの投資商品であるオフショアファンドが、日本のようなアマチュア個人投資家にも投資できるようになる。

というこうしたことが、がんじがらめの規制と情報統制、言語の壁、意味不明な日本の企業文化がある日本国内にいると、それを感じることすらできなくなる(もしくは感じた次の瞬間、同じ波が来て脳裏から忘れ去られてしまう)のである。

私は日本人の(特に金融の世界の)中では結構希少な人間だと思う。これをどこまでどうしたら苦しまずに日本人の個人投資家に理解してもらい、ちゃんと行動にまで移してもらえるのか、四苦八苦することもある。けれど明らかな答えは、いつでも日本の国外にそのままあるのである。その答えを知るかどうか、手が届くかどうかだけの違いだろう。

『オフショア投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

今月の新規ゴールド会員受付中
↓↓↓

goldmember_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3212-afc6c2ab

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。