【資産運用Q&A】豪ドルの運用について、仕組債or投資信託(ファンド)or保険orMMForヘッジファンド?

2014-07-24
<Q>

銀行で下記商品を勧められました、

◇金利毎年上昇型・豪ドル建社債
 クレディアグリコルコーポレートアンドインベストメントバンク
 2017年12月21日満期(売出期間:~2012年12月20日まで)
 豪ドル建て 早期償還条項付き ステップアップ固定利付社債
 1年目 年率3.40% 1年毎に0.20%ずつ段階的に引き上げられる固定利率
 売出価格:3万豪ドル単位 

数年前、他行で保険(養老?)を勧められましたが他にも社債や投信を調べようと思いつつ月日が過ぎ微妙な感じに、そして半年前で投資信託を勧められたのですがこれも同じような感じで今回に至ります・・・。

所有資産は豪ドル約4万5千ドルです、亡父より相続したもので購入した時はリーマンショック前で90円超の頃なので円へ換金する事はやめ外貨のまま保有していましたがそのままにしていてもなんなので運用先を検討しています。
相続した物なので5~10年程度は使用する予定はありません。

今回の社債は3万豪ドル単位なので、残りを投信へ回すのが良いのか?
もしくは全部を投信or保険へ回すのがいいのか・・・
投信or保険でもどこの商品がいいのかよく分かりません。
オーストラリアの政策金利も下がりつつあるという事でしたので、なるべく早めに運用した方がいいとは思いますが・・・。



<A>

はじめまして、投資アドバイザーの河合です。

豪ドルでの運用先ですが、以下のようにお考えください。


<債券>
固定金利で満期まで保有。
手数料少ない。

<投資信託>
株型:オーストラリアは景気もいいので、投資するのもOK。けれどハイリスク=ハイリターン
債券型:手数料が無駄なので投資する必要はありません。生の債券にしてください。

<MMF>
最も短期の債券で構成されているため、金利が低め。
政策金利が下がると一緒に下るため、今の局面では債券のほうがいいです。

<保険>
これも投資信託と同様ですが、投資信託よりも手数料が高いのでやめておいてください。

<ヘッジファンド>
ヘッジがされている分、リスクが低くてリターンが高いので長期投資するならこれが一番いいですが、投資金額がAUD 100,000からとなります(豪ドル建てのものが少ない)。

※ヘッジファンドについてはこちら

ご不明な点などありましたら、また個別にご連絡ください(無料)。

河合への直接相談はこちら(無料)



mailmag_banner.jpg


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3221-87b289aa

<< topページへこのページの先頭へ >>