スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

【資産運用Q&A】証券会社の担当者からすすめられていますが・・(豪ドル建て債券について) 

2014-11-20
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


<Q>

10年以上前からもっているユーロMMFですが、このところの円高傾向で一時期トータル45万円ほどだったものが減っているなあと思っていたところへ、その証券会社の担当者から年利6%4年償還の豪ドル建債券にしませんか、と電話がかかってきました。
外貨建債券などまったく無知でしたので、こちらの債券についてのページでざっと勉強しました。
外貨建債券は為替差損があること、元本保証ではないこと、いつでも売れるが売る時期をまちがえると損する事、などやはりリスクはありますね。
とはいうものの現在のユーロ安でMMFをこのままにしておいても・・とも思い迷っています。
一番気になるのは、証券会社の担当者の人がやけに熱心なことです。
あまりに熱心なので、なにかとんでもないものを売りつけられているのではないかと不安です。
電話では商品名までは聞いてないのですが、多分野村ヨーロッパファイナンス・エヌ・ブイではないかと思います。
ユーロMMFをこのまま円安になるのを待っているのがよいか、リスク承知で債券をかってみるか、アドバイスをお願いします。



<A>

Kafさん

はじめまして、投資アドバイザーの河合と申します。
よろしくお願いします。

私のプロフィールにも書いていますが、実は私も野村證券で働いていました。
つまり野村含め証券会社の商品、内状、営業戦略は全部把握しているつもりですので、その上でアドバイザーという立場からコメントさせていただきます。

まず外債にはKafさんも勉強されたようなリスクが伴います。
今回野村の担当者が勧めてきているのもこの外債の一種です。
「とんでもないもの」ということはないのでご安心ください(笑)。

投資商品全体からすると、MMFはもちろん安全ですが、その次に安全なものといえば債券となります。
日本で円建てで債券を発行すると、日本はゼロ金利のため、1%も金利が付きません。
それでは投資家にとって魅力がないので、豪ドル建てやユーロ建てでの発行が多くなります。

今のユーロMMFから豪ドル債券にするには2つのことを検討する必要があります。

1)ユーロと豪ドルの為替動向(今後豪ドル高/ユーロ安になるかどうか?)

2)Kafさんが今後どのように運用をしていきたいのか?(ユーロMMFを保有している時点ですでに為替リスクはとっているわけですし、その他にもなにか投資をされていれば、全体から今回のユーロMMFをどうするのかを考えねばなりません。)

1)については、今はユーロ安/豪ドル高のタイミングなので、今ユーロ→豪ドルにするのは得策とは言えません。

2)については、Kafさんのお考えを伺わないとなんとも言えないので、もしよろしければ、直接私までご連絡ください(プロフィールの右上「専門家に問い合わせる」というところからメッセージが送れます)。

よろしくお願いします。





ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3348-59dba1e9

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。