スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

実効税負担率ランキング(日本の大企業)

2015-03-09
あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 〜個人投資家のための資産運用スクール


実効税負担率の低い大企業ラインキングというのをある本で見つけました。今下げるかどうかで注目されている法人税は40%です。しかし、実際に払っている税金はもっと低いということなのです。まずはランキングを見てみましょう。

          法人税 実行税負担率
1位)三井住友銀行 300万円 0.002%
2位)ソフトバンク 500万円 0.006%
3位)みずほFG  2260万円 0.09%
4位)三菱UFJ FG  5770万円 0.31%
5位)みずほコーポレート銀行 67億円 2.60%
6位)みずほ銀行 89億円 3.41%
7位)ファーストリテイリング 52億円 6.92%
8位)オリックス 210億円 6.92%
9位)三菱東京UFJ銀行 1093億円 12.46%
10位)キリン 1199億円 12.50%

※2013年3月期

例えば1位の三井住友銀行が税引前の純利益で1479億円(連結)もあるのに、実際に日本で支払っている税金は300万円です。これを実効税負担率にしてみるとたったの0.002%。法人税は40%でそれを下げないと日本の企業の競争力がないと言われているのに実際に支払っているのはたったの0.002%だけなのです。

なぜこうなるのか?どうも海外の子会社からの配当による受取は、95%が無税とされるみたいなんです。つまりほとんど税金を払う必要がありません。更にこの5%も必要経費としての損金として落とせるそうなので、実質的には無税みたいなんです。まぁ、日本で稼いだお金じゃないんだから当たり前といえば当たり前ですよね。けれどこれを海外の税金の低い国(0%という国もある)の法人を使っていけば、世界中で支払う税金を極めて低くすることもできますよね。これがグローバル企業の合法的な節税スキームなんです。

僕はこれをまったく否定する気もありませんし、だからどうするべきという考えもありません。ただ日本が借金大国(1000兆円)で、毎年国の予算の半分は更に借金(国債)を刷って調達し、残り半分(25兆円)が税収って考えたら、こういう日本の大企業の稼いでるお金が税金として入るだけでずいぶん解決される話なんですよね。けれどこれを解決しようとしないのが安倍さん。大企業(日本経団連とか)からの政治献金をもらっているのと、彼らの票を考えたらしないんだろうけれど、だからって大衆がわかりやすい富裕層の相続税でたくさん取っておこうとか、一般大衆が払う消費税で簡単に取ろうとか、誰でも社会に良くないと思ってるタバコやお酒で取ろうというのは、どう考えても本質じゃないですよね。

日本の借金を支えているのは個人所得。更に税金をたくさん払ってるのも個人。しかも将来もらえるはずの年金ももらえない、となったら、なんかこの社会おかしいんじゃない?と思ってもしょうがないですよね。誰がおかしくしてるのかも皆さんもうわかってると思いますが、こうして知れば知るほど社会とは距離を置きたくなるものです(日本に限ったことじゃないかもしれませんが)。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
tag :
コメント:
連結で見ればまた違った印象を受けると思いますよ
あと、有報の税効果注記を読めば、外国子会社からの配当金の影響だけではないことがわかります
[2015/03/10 00:08] | 哲学的会計士 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3410-9b7ce31d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。