積立開始できない人が受ける見えない損失

2015-05-29
積立投資を開始できない人というのがたくさんいます。そもそもの積立投資についてまだご存知ない場合は、こちらの私が書いた入門書(マニュアル)をご一読ください。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

さて海外の積立投資であれば、今後も円安ドル高に向かって行くと思われる米ドルでの積立ができます。そして金額に応じてですが、確実に金利がつきます(1~5%/年)。そこでこちらをご覧ください。

Screen Shot 2015-05-28 at 14.35.35

今回のテーマは「積立投資を開始しようとしているが、後回しにして開始できなかった時の見えない損失」です。

これは前回と同様1億円(USD1mil)を将来目標として積立を開始する場合のシミュレーションです。金利は必ずもらえる固定金利(1~5%)の間を取って3%としています。

まずはご自身が何年間で1億円を目指すのかを考えましょう。

今あなたが40歳なら20年後(60歳時)に1億円でいいですね。
45歳なら残り15年
50歳なら残り10年
54歳なら残り6年しかありません。

そしてそれぞれの2つの棒グラフを見てみましょう。左手がすぐに始めた場合。右手は5年間後回しにして、積立を開始したケースです。毎月積立なければいけない金額が大きく違っているのがわかりますね?

知らないで積立が開始できなかったというのはしょうがないです。人生何事も知らなければ始まりません。しかしこのブログを読んで、既に積立投資を知っていて始めていない方。本当に今もそのままにしておいていいのか?を考えてみてください。

なお3%はあくまで固定金利の部分の話なので、これプラス運用益が付きます。現在の設定来平均リターンは9.5%。今現在も日本株を見てもらえればわかるように絶好調の株式市場ですから、これを今からしなかったら・・・もったいないですよね(笑)。あとは個別にご相談ください。

河合へ直接相談する(無料)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3432-7ebaaab4

<< topページへこのページの先頭へ >>