ブリッジファイナンス(ローン)とは?

2016-03-17
今、Londonへ来てオフショアファンド会社や仕組債組成の会社などと会っていますが、世界中の銀行や債券の金利が0(もしくはマイナス)ということもあり、ローリスクで金利を数%取れるものが最もポピュラーです。個人投資家もですが、やはり機関投資家(年金基金、大学基金、ファミリーオフィス)に人気があります。

戦略別で見ると主に・・・

英国学生寮
マイクロファイナンス
トレードファイナンス
・ブリッジファイナンス


が多いですね。他3つについては解説してるので、今日はブリッジファイナンスについて解説したいと思います。

ブリッジファイナンス(ローン)とは、名前のまま「つなぎ融資」です。例えば企業であれば、売掛金があるけれど、実際のキャッシュインまでには時間があるが、契約が取れた段階で在庫を確保しないといけない。その時に必要になる資金をつなぎで借りることをブリッジファイナンス(ローン)といいます。

不動産購入のケースも多いです。ここLondonではオイルマネー、中国マネー、東欧マネーの影響もあり、不動産市況が活況です。いい物件は見つかってもすぐになくなってしまいます。銀行で借り入れなど待っていたら確実に間に合いません。ということで低い貸出金利の銀行ローンの審査の間、3ヶ月間などつなぎで借りる(ブリッジファイナンス)ということもよく使われます。

ブリッジファイナンスのいいところは、

・短期でほぼ確実に数%の金利を受け取れる
・必ず担保もあるので、貸倒れた(これが唯一のリスク)場合は担保を受け取ることができる


です。
こちらのオフショアファンド資料をご希望であれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

河合へ直接相談する


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3478-81717d96

<< topページへこのページの先頭へ >>