お金を貯める(貯蓄)方法

2016-09-09
我々も「マネードクター」になることを目指して、

投資
保険
銀行口座


において、国内外、ボーダレスにアドバイスをできる組織を整えていますが、それでもお金がないとどうすることもできないんです。お金をどう稼いだらいいか?どうキャリアアップして収入を増やしたらいいか?は我々のところに来る前になんとかしてもらうしかないんです。

私もビジネスをしている者として、私個人の答えはありますが、それをアドバイスすることをビジネスとはしていませんので、そこはやはり自分たちでしてもらうしかありません(専門家の皆さんにはパートナーとして一緒にビジネスさせてもらっています)。

そこで今なお生きていけているわけですから、当然何かしらの収入はあるはずです。主婦の方であればご主人の収入があります。その年収が120万円なのか300万円なのか700万円なのか1000万円なのか3000万円なのか1億円なのかは人それぞれですが、収入が増えるとそれなりに消費も多くなるものです。なので、収入が多い方が必ず貯蓄も多い、ということにはなりません。貯蓄が10億円あっても、一瞬で使ってしまうことができます。

私がアドバイザーをしてきて、顧客から収入、貯蓄、投資先など全部ヒアリングしてからアドバイスしていますが、年収300万円でも毎年かなりの額を貯蓄して、20代で500万円貯めている方もいれば、年収1000万円で30歳貯蓄ゼロという人も見ます。収入があって、貯蓄がないということはそれだけ消費をしたということでしょうし、その中にも将来への自己投資だった支出もあったと思います。が、とりあえずそこはここでは議論しないとすれば、残ったお金は大きく異なります。

日本には特に広告が多く、すべての媒体で何かしら消費の勧誘(セールス)されます。不動産も家具も何も持たない私からすると、本当に必要なものですか?と思うところのものが、多いことでしょう。本当は必要じゃないのに、その場の満足感、購買意欲で買ってしまうのです(私も不動産を持っている時はそうでした)。不要なものを処分して、本当に必要な物だけ残すと、ほとんどが不要なものだったと気づくのです。

ということで、そういったものに消費してお金が残っていきません。けれどこれはきっとどうしようもないんです。そういうのも含めて人生。けれどお金を残さないと長い人生生きていけないことも事実。貯蓄があるよりないほうがいいという方はいないでしょう(笑)。けれど、貯蓄ができない浪費家にとっては貯めることが一番難しいのです。

そんな浪費家がしないといけないのは、まず

「財布を2つに分けること」

収入として入ってくる銀行口座と貯蓄をするための口座を分けるのです。我々が推奨している海外積立投資をクレジットカードでするというのも一つです(金利もつきますし、マイレージもつきます)。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

さて口座を分けるにも、いくらもう片方の「貯蓄口座」に移そう?ということになります。海外積立投資であれば、毎月いくら積立てよう?です。その時には、Excelで現在の収支表を作ってください。


<収入>
・給与収入

<出資>
・家賃
・食費(先に予算を決めておく)
・光熱費
・ケータイ料金
・お稽古代
・服代(先に予算を決めておく)



他に項目があればどんどん足していってください。そして<収入>から<出資>を引きます。それが一ヶ月で「貯蓄口座」へまわせるお金です。×12ヶ月すれば毎年いくら貯まるかわかりますよね?×5年すれば5年でどれだけ貯められるかわかります。基本スタートする時点では厳し目で設定するので、最大で貯められてそれだけでしょう。逆に言うと、それ以上貯めることは非現実的ということです。

そして将来のことは見えません。結婚するかもしれないし、子どもができるかもしれないし、家を建てることになるかもしれないし、お金持ちと結婚するかもしれない。それはそれで、貯蓄があればその時に考えればいいんです。しかし最後の「お金持ちと結婚する」ということ以外は、お金がないと何もできません。今のうちに貯蓄をしておかないと、後に残るのは後悔だけです。

まずはお金を貯めましょう。


ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 企業ブログ 金融・保険業へ
にほんブログ村





tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3489-9e24ba87

<< topページへこのページの先頭へ >>