アドバイザーを仕事にしたキッカケを思い出した。

2017-02-20
先日東京にいる時に会った弊社パートナーの一人(保険会社セールスマン)に、その方が転職をする際に全く関係ない異業種から保険会社への転職だったため、どうして保険会社のセールスマンになったのか?と聞いたら、家庭教師をしている時にこういう人のためになって感謝されることをしたいって思った、って言っていたのを聞いて、そういえば自分もそうだったなと思い出しました。

今更こんな昔の話かよ・・・って思われるかもしれませんしw、ずっと前このブログを書き始めた時に既に同じこと書いてるかもしれませんが(これだけ長くやってると何を書いたのか覚えてない)、、私も実は家庭教師をやってました。あと1対2の個別指導塾の講師もやってました。期間は青学生の時と、大学卒業後中国へ留学するまでの間の半年間。特に思い出深いのはその半年間の方で、半年間って今思うと短い期間ですよね。2月頃から始めて9月には中国に行くんです。担当を思っていた小中高の英国数とたまに社会(歴史よりも政治経済が好きでしたw)を教えていたのですが、最後まで面倒見ずに辞めちゃうんです。今思うと無責任ですが、そんな短い期間でもすっごい慕ってくれるんです。授業中はもちろんですが、休みの時間とか自習時間とかに質問してくれるんです。国語とか絶対子どもからしたらつまらない教科も(国語の先生すみません、、)自分の体験談から勉強のコツを教えてあげると、一から問題時出してるんです。自習室で。普通国語なんて一番後回しにするような教科ですから(国語の先生本当にすみません、、)本当嬉しかったものです。

大学在籍時の就職活動で、多分に漏れず自分のしたいことが見つからず悩み、留学がしたかったけれどお金なかったから米国ではなく中国へ行き、もう一度何がしたいかを考えた時にお金(投資)の仕事をしたくて、しかも塾講師の経験からアドバイザー(実際にはセールスだったけど)の仕事をしたいって野村證券の面接で私の証券のメンターである当時の支店長に話し(その後退社した後も不思議な縁が続いている)、採用してもらって野村で4.5年勤めて自分で会社始めて。事業が投資以外にも保険、海外口座、パートナー事業って増えても、結局何がしたいって人のためになることをして、その人の目標を叶えてあげたいっていうことなんだなって思い出しました。おいおい、忘れてたのかよ・・・って思われそうですがw、忙しくビジネスをして最前線からちょっと離れてしまうと、ちょっと忘れそうになってしまうものなんです(笑)。

ということで、これを思い出させてくれたのもパートナー事業を始めたからですし、我々にとってパートナーさんたちも大事なクライアントさんです。一緒に事業を拡大させて、もっと多くの人達のためになりたいです。そのためになら自分の時間をどれだけ使ったっていいですし、面倒なこともストレスあることもやります。(もう2月も半ばですが)今年の一年はこれが軸に枝が生えてく形になりそうです。やってて楽しいです。
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/3505-dfee1f7f

<< topページへこのページの先頭へ >>