スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

フィデリティ・USリート・ファンド B(為替ヘッジなし)

2010-04-19


本日はフィデリティの分配力+(プラス)シリーズの『フィデリティ・USリート・ファンド B(為替ヘッジなし)』をご紹介したいと思います。以前ブログで『フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド(毎月分配型)』をご紹介したことがありましたが、これよりも分配金の数字も落ちるファンドとなります。

投資対象は名前の通り、アメリカのREIT(不動産投資信託)。

REIT(不動産投資信託)についてはこちら

きっと皆さん、毎月分配型で一番最初に見るのは分配金の金額(これがいいか悪いかは置いておいて)。これが今までの分配金実績です。

フィデリティUSリート_3

直近毎月100円ずつ出しているので、基準価格が10000円だとすれば、

100円×12ヶ月/10000円=12%(年利)

となります。しかしこれは表に出てくる分配金の金額が12%というだけで、実質何%の運用でまわせているかはまったく別問題です(ちなみに実質ベースの数字は資料には見当たりませんでした)。

そして今までの運用成績。チャートではこれ。

フィデリティUSリート_1

気づいていただきたいのは、このチャートの一番上の点線(一番効率良く運用出来ているもの)はベンチマーク(FTSE NAREIT Equity REITsインデックス)です。つまりインデックスで運用していればもっとちゃんとしたリターンが得られていたということです。

「インデックス運用」についてはこちら

これを数字で見てみましょう。 下のグラフの一番右のところに「設定来」の数字が出ています。ベンチマークは30.10%に対して、このファンドは15.38%ということで、約15%も下回っています。

フィデリティUSリート_2

分配金を毎月受け取って、それを実際に使っている方には毎月分配は必要です。しかしこのように15%もの不利を背負ってまで取るべき分配金か?を考える必要があります。

ただ残念ながら日本に海外のREITに投資するETFというのはまだ上場していないようなので、海外のETFということになります。海外であれば有名なのが『SPDR Dow Jones REIT ETF』でしょうか。

海外ETFについてはこちら


mailmag_banner.jpg



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/398-7c2428e5

[2010/04/23 18:11]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。