スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

中国預金準備率上げ 今年3回目、0.5% 景気に過熱感 

2010-05-03
 上海万博の開始した中国。世界から人が集まり、北京オリンピックの時同様、あの大気汚染の状況に絶句しているころだろう。いや、むしろ咳をしているところか(笑)。

 その中国が預金準備率を0.5%引き上げた。今年に入ってすでに3回目。引き上げ後の準備率は大手金融機関向けで17%。これでどこまで中国の不動産バブルが止められるかどうかはわからないが、富める者とそうでない者の両方を守っていかなければいけない上に、共産党政権をも守っていかなければならない中国は大変だろう。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:
上海万博関連銘柄として建機・社会インフラ関連が市場の人気を集めていたが

(1)全般相場に対し早くから買われてきたことによる買い疲れ
(2)他にも、買われていない新鮮な中国関連銘柄が登場している
(3)中国のテーマが、社会資本整備から耐久消費財に移りつつあることから

今後は化粧品や紙おむつなどといった消費財が物色される模様

慢性的な水不足と人口増加に直面している中国では紙オムツ市場が年率20~30%以上で成長しており
関連銘柄として日本触媒【4114】ユニチャーム【8113】三洋化成工業【4471】などが挙げられる
[2010/05/03 11:11] | #- | [edit]
やはり中国で収益をあげているこのような日本企業も強いですね。リーマンショック前の利益水準をゆうに超えてますからね。。
[2010/05/03 11:15] | 河合圭 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/428-47f9cd26

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。