スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

個人向け保険 1000兆円下回る

2010-05-03
 日本国内の個人保険4.1%減905兆円個人年金保険4.8%増93兆円で合わせて1000兆円を下回った。


 原因は少子高齢化と書かれているが、そもそも日本はムダな保険が多いと独立系FP(ファイナンシャルプランナー)が口を揃えて言う。保険業界も少し異様な日本独特の業界体系があるので、それを簡単にご紹介します。

 まずこうやって日本に色々な保険の供給者ができてきた。

1)日本の保険会社(日本生命、第一生命など)
  ↓
2)外資系保険会社の日本進出(プルデンシャル、クレディ・スイスなど)
  ↓
3)独立系FPの出現


 1)は会社へ出入する保険セールスレディがしつこくしてくるので、お付き合いで契約するというスタイル。このケースでムダな保険でもお付き合いで入っているということが多い。第一生命がスポンサーをしているディズニーのチケットにつられてということもあったという。ディズニーのチケットの数十倍余計な費用をあなた自身が払っているというのに・・・。

 2)は運用や保険予定利率の良さが、日本の保険会社よりも全然いいということで契約残高が増えましたが、外資系の保険会社の担当者が短期コミッション稼ぎの契約が多く、これもまた?というところが多かった。

 そして2000年代に出てきたのが3)独立系FPによる保険の提案。彼らは顧客のライフスタイルに合わせて、必要な保険を提案してくれる。取り扱っている保険の会社も日系、外資系など幅広く揃えていて、最もいい契約を提案してくれる。ただ保険会社によってコミッションの善し悪しがあるのも事実なので、コミッションの良いものを勧められているかどうか見極める必要はあります。さらに保険契約によってコミッションの大小もあります。

定期保険 > 養老保険 > 終身保険

 という順序ですが、これをどこまで個人投資家・・・じゃないですね、個人の保険契約者がわかって契約をできるのか?皆さん、よく気をつけて契約をくださいね。さらに今契約している保険も、契約した時に上記の1)、2)で契約をされた方は、そもそも適正かどうかを考える銀杏があるかもしれません。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/430-f93ab748

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。