スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

野村證券の楽な営業物語 ~2010年5月

2010-05-07
 GWにお墓参りかねて岐阜へ帰省しています。そこで野村時代の同僚と馴染みの店で一杯(実際は10杯以上ですが、、)飲んで、色々野村の中の近況を聞いてきました。

 商品戦略を見ればわかってはいたのですが、まず毎月分配型の高利回りのものばかり簡単に売れている、ということ。またそれらはほとんど何か(投信や日本株)を売却して乗り換えているだけということ。当然、手数料を稼ぐためですよね。証券会社にある資産など、もうすでにポートフォリオなど存在しないのです。中長期的にその顧客に合った投資商品で、ちゃんとした運用をしようなんていう考えは一切ないのです。仮に経営陣でそういったことを考え、危機感を持って、投資の啓蒙活動をしていったところで、そんなものはほとんどボランティアにしかなりません。要はそこからコミッション(手数料)が入ってこなければ、会社の存続ができないのです。それで毎月出てくる収益は一人当たり300万円~1500万円。これは営業マンによっての力量で差が出てきますが、どんなにできない営業マンでも数年経てば担当顧客が割り振られ、預かり資産もできるので、いい地合で売りやすい商品(今だと高金利の毎月分配型)があれば、最低でも300万円程度は稼げるのです。よく考えてください。一人毎月300万円の売上ですよ。しかも地方で。そんな高収益な事業など地方含め、東京でもなかなか存在しません。じゃあその収益はどこから来ているのか?あなたが日本株を売って投資信託にしたその手数料です。しかも最近は、この不景気で日本などデフレの最中なのに、野村証券の投信の購入手数料は3%→3.5%→4%と値上げです。けど高金利であれば「数カ月で元が取れますから」と販売するのになんの苦労もありません。だって皆たくさん金利が欲しいのですから。たくさん金利を取ろうと思ったら高い手数料を払わなければいけない。諦めるしかありませんよね。。

 日本人はよく単純で時流に流されやすいので、とても楽なマーケットだと言われます。ブランド物で言えば、ルイヴィトン、プラダなど、名前が付いていれば売れるというのもわかりやすい例です。金融商品で今ポピュラー(流行り)のものは、明らかに高金利の毎月分配型ファンドでしょう(外貨建てグローバルリート、外貨建てハイイールド債券、外貨建て新興国債券など)。皆が買っていればいい商品なのでしょうか?皆が買っていれば、下がっても皆が損をしているので、自分への言い訳になるのでしょうか?とてもそうは思えない私は、昨日も話していてもなかなか飲み込めませんし、そんな中で罪悪感一杯で働いている証券マンたち(罪悪感ない人間は、よほど金融を理解していない人間か、もう感覚が麻痺しているかのどちらか)は、何を生きがいに対顧客業をしているのか?と疑問に思うことだらけでした。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:
 野村の方ですと、市村社長のお知りあいの方なのですか?
それか・・・

パーティーなどで面識あった方でしょうか・・?

営業って素晴らしい仕事で、本当にやりがいありますよね♪
しかし・・・証券の営業って、タフな精神を求められる気がします・・・・

来月、上海(一応視察で?!)
遊びにいくんです♪
中国は生まれてはじめてなので、中国留学記 参考にさせていただきます♪

 

 
[2010/05/07 20:09] | ぴぴ #CYl3oVoA | [edit]
いえ、実は面識ないのです(^^;)

証券の営業はタフですよ。物売りというよりも、人(自分)売りに近いところがありますからね。。

上海は僕も一度しか行ったことないので、あまり参考にならないかもしれませんが、上海万博を見ていると、中国人の本質はどこもいつも変わらないようです。。楽しんできてください。
[2010/05/08 09:49] | 河合圭 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/433-24ed40b6

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。