スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

野村南アフリカ資源関連株投信 〜野村證券

2010-05-26
mailmag_banner.jpg





本日ご紹介するのは野村證券の『野村南アフリカ資源関連株投信』。

南アフリカ・サッカーワールドカップに合わせて出してきたというところでしょう(笑)。←けどこれはホント

投資対象は名前の通り、南アの資源関連株。つまり南アメインですが、その他の国も入ります。ただし通貨は100%南ア・ランド。

野村南アフリカ資源_9

南アの資源を見てみましょう。

野村南アフリカ資源_3
野村南アフリカ資源_4

私の印象では意外に金が少ないな、という印象ですが、その他の鉱産資源は生産量もある程度あり、埋蔵量もあるので、今後発展していくにつれて、この埋蔵された鉱山資源を発掘し、発展していくというところでしょう。

次に南アのGDP成長率です。中国やインド、ブラジルに比べるとまだ高くはありません。まだ資源生産国という立場だからでしょう。

野村南アフリカ資源_7

政策金利は、以前10%を超えていた時もありましたが、金融危機以降は世界に追随して下げられ、今は6%ちょいです。このファンドでは債券投資をするわけではないので、金利は直接運用益には関係ありませんが、間接的に株にも影響を与えます。

野村南アフリカ資源_8

そして気になる株価。これは「南ア資源関連株」としてのチャートなので、南ア全体の株式指数とは違います。見てみると、世界株に比べても恐ろしく上がっています。しかし同様に金融危機の時は恐ろしく下がっています。たった1年で3分の1です。

野村南アフリカ資源_1

どうしても期間を長く取ると、新興国のチャートは良く見えます。しかし実際に投資する方は、長期投資といっても目先の利益が気になりますし、上がればその場で利益確定をされる方が大半です。逆に2008年以降のように下がった場合は、資産が3分の1になれば、その後元に戻すだけで3倍(300%)にならなければいけません。いくら新興国株でもそんなハイリターンには運良くても5年くらいはかかります。

よくよくリスクを理解して、あなたに合っているかどうか?を先に考えてください。証券会社の担当者のせいにしてはダメですよ。

最後に、通貨である南ア・ランドは2005年から弱含んでいます。つまり南ア・ランドに投資していれば、現状対円に対しては為替では損をしているということです。

野村南アフリカ資源_6

私はこのファンドよりも、純粋にワールドカップを楽しもうと思います。予想優勝国はスペイン(?)。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/478-b8070f01

[2010/05/26 17:09]
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。