戦後の日本のGDP成長率

2010-06-18
今からお見せする数字は夢のような数字です。しかしこれは我々日本の過去の数字です。ちょうど私が生まれた1980年までの数字をお見せします。

1980年以降に生まれた世代は団塊の世代(X世代)の次ということでY世代(ganeration)と呼ばれていますが、我々Y世代には全く想像もつかない世界です。(ちなみに私は日本ではなく、2002-2004年の中国で体験しています。)

【戦後の日本の名目成長率&実質成長率】

年度   名目成長率   実質成長率
1947   176.1      8.4
1948   103.7      13.0
1949   26.6       2.2
1950   16.9       11.0
1951   37.9       13.0
1952   16.3       11.7
1953   18.1       7.7
1954   4.0        2.8
1955   13.3       10.8
1956   12.3       6.2
1957   13.0       7.8
1958   4.8        6.0
1959   15.5       11.2
1960   19.1       12.5
1961   22.5       13.5
1962   9.1        6.4
1963   18.2       12.5
1964   15.9       10.6
1965   10.6       5.7
1966   17.9       11.6
1967   18.1       13.1
1968   18.9       13.8
1969   18.2       12.3
1970   17.1       10.2
1971   10.1       5.6
1972   16.5       10.4
1973   21        6.5
1974   18.7       0
1975   10        3.2
1976   12.2       5.9
1977   11        5.8
1978   9.7        5.7
1979   7.5        6.1
1980   7.7        5.0


「名目成長率」とは物価を加味しない成長率。「実質成長率」は物価上昇分を引いています。

誰もが賛成してもらえると思いますが、日本にもうこんな時代は来ません。GDPの成長率は物価上昇、賃金の上昇、貯蓄の上昇などが織り込まれています。

今の日本はデフレ(物価下落)、賃金下落(良くて横ばい)、貯蓄は増えない(低金利)なので、この3つのうちできるところを自分で対策していかなければいけないのです。

寛政権は消費税を10%にするそうです。増税をすることでさらにデフレが深まりますし、持っていかれた税金は国民の生活向上のためには有効活用されません(財政赤字なので、今までの年度の赤字をプラスにするだけ)。

もちろん投資をして資産を減らしてしまっては元も子もありませんが、よーく考えてください。預貯金&定期のままでもいいわけはありません。投資で資産を減らさず、そこそこの運用のアドバイスはいくらでもできます。ご相談はお気軽にどうぞ(無料)。

河合へ直接相談する

こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/534-bd44b681

<< topページへこのページの先頭へ >>