収益率(リターン)と標準偏差(リスク)

2010-06-22
投資信託(ファンド)の運用レポートを見ると、いろいろな資料がついています。今の販売用資料はとても丁寧で、いろいろな予備知識を投資家に与えてくれます。

しかし投資を判断する上で、必ずしも必要な情報ばかりではありません。それではどこを必ず見なければいけないのでしょうか?

その一つの答えとして「収益率(リターン)」と「標準偏差(リスク)」があります。

この2つは、新しいファンドであれば、過去のシミュレーションでの「収益率」と「標準偏差」。グロソブのように昔から運用しているファンドであれば、その実績が「収益率」と「標準偏差」という形で出ています。

では例えばで見てみましょう。

・・・私もここで気付いたのですが、日本の運用レポートにはこの2つが明記されていません(汗)。これは海外ではありえないことです。「収益率」と「標準偏差」を書かずに投資判断をさせようということ自体が、どうして金商法に違反しないのか(もしくは金商法がどうして義務としないのか)が疑問ですが、とりあえずありません。

これでは純粋にいくつかのファンドを比べることもできないので、投資家もしょうがなく「分配金の額」であったり、「基準価格の変化」で判断するのでしょう。ただ分配金は運用成績とは全く関係ありませんし、基準価格の変化をチャートで見たところで、なんとなくとしかわかりません。

分配金と基準価格の関係についてはこちら

それでは気を取り直して、オフショアファンドで例を挙げてみましょう。先に言っておきますが、オフショアファンドはコストが安い分、日本国内のファンドよりもリターン(収益率)が高く、リスク(標準偏差)が低いです。これを念頭に読み進めてください。

         収益率  標準偏差(リスク)
某アジア株ファンド:-11.8%  35.8%
某中国株ファンド:17.22%  36.38%
某インド株ファンド:9.12%  37.20%
某ラテン株ファンド:10.35%  36.89%
某金関連株ファンド:13.25%  42.76%
某ハイイールドインカムファンド:8.7%  11.2%
M社ヘッジファンド:16.6%  17.7%


まず「収益率」と「標準偏差」がどんな意味合いがあるのかをお話しておくと、「収益率」はそのまま年間の収益率です。つまり10%であれば、1年後に平均10%上がっているという意味です。

次に「標準偏差(リスク)」これはボラティリティ(変動率)とも呼ばれています。要は上下のブレのことを示しています。下だけではないですよ。上にブレる(上昇する)ことも金融の世界では「リスク」ですからね。

そしてこの「標準偏差」が仮に40%で、収益率が10%の場合、1年後に平均で10%上昇していて、その上下40%ずつが平均のブレ幅なので、下は-30%、上は+50%ということです。上記ファンドの中ではBRICs関連のファンドが同様の数字だと思います。BRICs関連に投資されたことがある方であれば、この数字に納得するでしょう。

投資は一般的にハイリスク=ハイリターン、ローリスク=ローリターンと言われますが、ここで注目してもらいたいのが、M社のヘッジファンドです。

このファンドの収益率は16.6%、標準偏差は17.7%なので、比較的利回りが高いと思われているBRICsなどのファンドよりも収益率が高く、標準偏差は半分以下です。つまりはローリスク=ハイリターンというわけです。もちろん標準偏差が半分ということは、上にブレることもなくなりますので、年率40%を超えるようなリターンはなかなかなくなります。しかし「もういい加減ハラハラしたくない」、「リスクを取らないで高い収益をあげたい」という方にはもってこいのファンドとなります。

補足しておくと、これができるのもヘッジファンドだからです。そう前に書いた通り「売り」も「買い」も常に両方できるからですね。。

ヘッジファンドについてはこちら

ここではM社、某社と名前を伏せてありますが、メルマガでは名前を公表して情報提供しています。よかったらメルマガ登録をしてみてください(無料)。

オフショア投資無料メルマガを購読する
(リンク先の左上の「無料メルマガ登録」のところにメールアドレスをご入力ください)

こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/545-d497b2aa

<< topページへこのページの先頭へ >>