FC2ブログ

金投資とは?

2010-06-28
最近やたらと「金投資」という言葉を聞くと思います。先日行ったCFPの勉強会では、そこら中で「金の買取します!」という聞くと言ってましたが、本当ですか(笑)?

今回はそんな「金投資」について、そもそもなんで金なのか?というところから掘り下げていこうと思います。

まず金がどこから出てくるのか?こちらをご覧ください。

gold_1.jpg

ちょっと画質の関係でちょっと見づらいと思いますが、多い順に金鉱山(59%)、リサイクル(40%)となっています。そう、単純に金鉱山から取ってくるだけでなく、さっき出てきた「金買いますよ!」という方たちがリサイクルしている分が40%もあるのです。

次に金はどこに使われているのか?

gold_2.jpg

多い順にジュエリー(51%)、投資(38%)、産業&歯科(11%)です。私はてっきり投資が最も多いのかと思っていましたが、ジュエリーが依然半分ということです。

次に投資という意味での金。こちらが金の10年チャートです。

gold_6.jpg

そしてそれを数字で見たのがこちら。

gold_3.jpg

上から順にプラチナ、パラジウム、銀、金、貴金属バスケット(mix)です。金のリターンが10年で267%ボラティリティ(変動率=リスク)が19%です。ちなみに日経平均は10年のリターンが-45%、ボラティリティが25%なので、リスク=リターン共に金のほうがいい投資だと言えます。

また銀、プラチナ、パラジウムのボラティリティがそれぞれ33%、27%、38%なので、金だけが安定した上昇を続けているということです。

また同じ表のしたのところにTOPIX(日本株)との相関係数が出ていて、どの貴金属もだいたい0.2%前後なので、極めて相関性が低いと言えます(全く違う動きをするということ)。

次のグラフが、過去S&P500(米国株)が過去12年の間、下落をしていた時のそれぞれの資産の上昇/下落幅です。いい方から順に金(+1%)、貴金属、農産物(ここからマイナス)、コモディティ全体、エネルギー、産業用金属、米国株、英国株、ヨーロッパ株、カナダ株、ドイツ株(-9%)です。

gold_4.jpg

つまりは「有事の金」ということですね。株が下がっている時に金が買われるということです。

最後に、あなたが今日本株と日本債券を保有していただけの場合、これらの貴金属を一緒に保有したらどうなるか?を下のグラフで示しています。

gold_5.jpg

これは難しい言葉では「有効フロンティア」と言いますが、名前なんてどうでもいいです。要はリスク=リターンの関係を表しています。

左(縦軸)に「リターン」、下(横軸)に「リスク」です。上に行けば行くほどリターンが高く、右へ行けば行くほどリスクが高くなります。通常「ハイリスク=ハイリターン」と言われるのが右上の方。「ローリスク=ローリターン」というのが左下の方で、リスクとリターンは比例すると言われている通り、比較的直線に近い形になっています。しかし全くの直線ではありません。カーブしているのです。

次にあなたが投資する時には、どの辺りにカーブしている線の投資商品に投資したいでしょうか?誰だってリターンは高く、リスクは低いほうがいいので、このグラフでは左上にある方がいい投資商品だと言えます。

さぁ、ここまで理解してもう一度、さっきのグラフを見ましょう。まず「日経平均&日本債券」。これは一番下にあるカーブです。リスクを取れば取るほど損をして(右肩下がり)、リスクを抑えても高いリターンは得られません。そうです、これが「ハイリスク=ローリターン」の典型です(笑)。

次にそれぞれの貴金属を一緒にポートフォリオに入れていきます。すると左上から、金、プラチナ、銀、パラジウムと、いいカーブになるではありませんか。これが金をポートフォリオに入れる意義なのです。

それでは次回は、金に投資するにはどんな投資先があるのか?をご紹介します。

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/559-a3dd2643

[2010/07/07 18:12]
  • -[]
    管理人の承認後に表示されます
[2017/09/11 04:40]
<< topページへこのページの先頭へ >>