EU・イギリス金利据え置き、マレーシア0.25%利上げ

2010-07-09
欧州中銀と英中銀は金利を据え置くことに決定。ユーロ圏1%イギリス0.5%のままということになる。

それに対して新興国であるマレーシア0.25%の利上げ2.75%に。3回連続の利上げとなる。

金利を引き上げる主な理由はインフレ抑制。やはり新興国の方が景気が良くて、インフレだということでしょう。

個人投資家にとって大事なのは、これを見てじゃあどこへ投資しようか?ということ。今のタイミングで先進国(EUやイギリス)の株式に投資しようという方はあまりいないので、ここは説明しなくてもいいと思うが、問題は先進国の債券。

そう、この先進国債券に投資している典型がグロソブです。これは新しく投資しようという方は少ないにせよ、いまだに持っている方は多いでしょう。

もう一度この記事の冒頭を見てください。グロソブの主要投資先である国の政策金利をおさらいすると・・・

EU:1%
イギリス:0.5%
日本:0%
アメリカ:0.25%

です。

先進国で利上げを再開して、まだ金利が多少高い国はオーストラリアとNZ。

オーストラリア:4.75%
NZ:2.75%


これをグラフで見るとこちら。

先進国政策金利

皆さんは、いつまでグロソブに投資し続けるのでしょうか?


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/601-5a715089

<< topページへこのページの先頭へ >>