ライフセトルメンツとは?

2010-08-20
オルタナティブ(代替)投資として、ランドバンキング、未公開株投資などをご案内してきましたが、今回はライフセトルメンツです。

オルタナティブ(代替)投資についてはこちら

これはあまり聞き覚えのないものだと思います。なぜならばまだできて数年の市場のものだからです。

どんな市場かというと生命保険を証券化した市場です。

生命保険の証券化というのを具体的にご説明すると、まず生命保険の契約者がいます。生命保険というのは日本で言う掛け捨ての生命保険をイメージしてください。彼らは生命保険をかけた時は、自分に何かあった時のために生命保険をかけておきます。しかしあるところでその生命保険も必要なくなります。

可能性としては・・・

1)死亡保険金が必要でないくらいの十分なキャッシュができた。

2)死亡時にあげる予定だった子供たちがもう大きくなってお金がかからなくなった。


という状態です。この場合、保険契約者は保険金をこれ以上支払わないことで、契約を解除できます。しかし今後払う必要がなくなっても、今までかけてきた分は掛け捨てなので1円も戻ってきません。

そこでファンドが出てきます。ファンドはこの保険契約者から生命保険の権利を買い取り、生命保険契約者にキャッシュを渡します。保険契約者は生前にキャッシュができることでメリットがあり、ファンドは彼らに何かあった時に死亡保険金を受け取る権利が手に入ります。

もちろんファンドはリターンをあげることが目的なので、生命保険会社がしているような「予定死亡率」と「平均余命」、「その方の健康状態」などから投資判断をくだします。

これは日本のような生命保険市場の薄いところではできず、アメリカやヨーロッパのような厚いマーケットでしかできません。つまりはオフショアで組成し、アメリカなどの生命保険セカンダリー市場に投資をするということですね。

オフショア投資についてはこちら

投資家にとって、このファンドに投資するメリットは大きく2つあります。


1)伝統的資産(株、債券、不動産)などとの相関関係が極めて低い

生命保険のセカンダリー市場という、まったく違うクローズドの世界に投資しているわけですから、景気や市場の動きはまったく関係ありません。金融危機が起こった時も、金融危機が起こったからといって急に死亡率が高くなるわけではありませんので、このファンドにはまったく関係ありませんでした。売買も過去ずっと毎月1回売買することができ、流動性も保たれています。


2)安定した収益率

このファンドの利回りはクラス(機関投資家クラス、個人クラスなど)にもよりますが、だいたい年8%をずっと出しています。上記の通り、株などの市場とはまったく関係ないので、安定した利回りを出すことが可能です。


私のクライアントでは、最近一番人気の高い種類のファンドですね。


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング




tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/736-68c79693

<< topページへこのページの先頭へ >>