日本から世界を見るのではなく、世界から日本を見る

2010-08-27
今日、6年ぶりに野村證券の尊敬する方の話を聞いてきました。

その方のおっしゃっていた話です。

日本から世界を見るのではなく、世界から日本を見ることが必要だそうです。

まったくその通りの話だと思います。

日本の企業は、世界で1位(ナンバー1)になることが日本の1位(ナンバー1)だったのが、いつしか世界の2位でもいいから日本の1位であろうとし出しました。

このグローバル経済で、国際競争力がある会社が世界で生き残り、結果日本でリーディングカンパニーとなっているにも関わらず、です。

日本から世界を見ているからそうなるのです。

日本は東京と地方に格差があり、教育にも格差があると思っています。これも間違っています。たしかに数字上では東京の方が裕福な方が多く、偏差値の高い大学も東京にかたまっています。しかし、偏差値が高いからと言って、東京の大学へ行った若者のうち、何%がちゃんと勉強をしているでしょう?

人脈という意味ではたしかに東京の方が掴めますが、情報という意味ではもうインターネットがあり、世界中の情報を取ろうと思えば、田舎の山奥でも取ることができます。世界から日本を見ると、地方格差という言葉に騙されているということに気づきます。世界から見たら東京と中国の差に比べたら、東京と岐阜の差の方が全然ないでしょう(笑)。

世界の小売の覇者ウォルマートがあります。ウォルマートの本社は今もなお人口がたった1万5000人に満たないアーカンソー州ベントンビルです。

元経団連会長、トヨタ自動車会長の奥田さんは、これからはMade in JapanではなくMade by Japanだと言いました。今までは日本で作られていることがプレミアムだったが、今後は日本に住むことがリスクとなる。日本に本社機能だけあれば、あとはすべて新興国にあればいい、という考え方である。これもまた世界から日本を見ているからこそ、言えたことである。この言葉を言ったのはもう7年も前の2003年の時だそうです。

しかしながら、日本企業でもこれを実践している企業があります。スズキニトリです。

スズキは静岡県浜松市に本社がありますが、浜松市の失業率は増えています。なぜならば工場の2/3は世界(インドなど)にあるからです。

ニトリはついこないだまで「ニトリ家具店」でした。しかし世界から日本を見た結果、ベトナムなど新興国の賃金の低さに目をつけたのです。そして今のニトリがあります。

野村證券もそうでしょう。渡邊さん(元社長)がリーマンショックの時に、ここぞとリーマンブラザーズを買収しました。これで一気に世界に「NOMURA」の名を響かせました。日本全国の支店で活躍する営業マン(リテール部隊)は6000人。世界で活躍する野村マンは2万3000人だそうです。「日本で1位になろう(ずっと圧倒的に1位なのですが)」ではなく、常に世界を見ていたからできたことです。

これは企業だけでなく、投資家も今の若者も皆よく心に刻み込まなければいけません。

投資ならば、世界のたくさんある金融商品の一つとして日本株も日本債券も預貯金もあるのです。

若者の今後の活躍の舞台は世界です。日本企業など見なくていいです。日本企業が何を求めて、どんな人材を欲しているか?など考えなくていいです。まず世界へ行って世界の声を聞いてください。自ずと自分のすべきことが見えてきます。

最後にこれらの話が書かれている本をご紹介します。


暴走する資本主義暴走する資本主義
(2008/06/13)
ロバート ライシュ

商品詳細を見る



フラット化する世界〔普及版〕上フラット化する世界〔普及版〕上
(2010/07/21)
トーマス・フリードマン

商品詳細を見る



人間を幸福にする経済―豊かさの革命 (PHP新書)人間を幸福にする経済―豊かさの革命 (PHP新書)
(2003/10)
奥田 碩

商品詳細を見る




あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓
$金融起業家 河合圭の『河合投資塾』 ~個人投資家のための資産運用スクール


こちらに投票(1クリック)お願いします m(_ _)m
↓ ↓ ↓
オフショア投資ブログラキング

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://k2investment.blog26.fc2.com/tb.php/762-c7763c33

<< topページへこのページの先頭へ >>